「スウィング・ガールズ」を観た


遅ればせながらやっと観ることができました。
高校から初心者で吹奏楽部に入った私としては、マラソンやら腹筋やらの訓練シーンは
非常に懐かしかったですね。ホントにやっていましたから。最初に音が出たときの喜びとか、
初心者同士で競い合うように練習したところなんかの表現はとてもリアルだと思いました。

そしてなにより、最初にステージに立ったときのあの高揚感!
最後の演奏後、出演者たちの満ち足りた表情(これはウォーター・ボーイズもそう)は、
やはり実際に演奏したからでしょうし、演奏できるようになる時間も考えると
きっと最後の最後に撮影したんでしょう。
観客の前でスポットライトを浴びて演奏する快感を一度覚えてしまうと、
これがなかなか抜け出せないんです。
かくいう私も、大学卒業後5年経過して、市民吹奏楽団に入っていますからね。
オーソドックスですが、観終わってだれしも楽器を始めたくなるような気分にさせてくれる映画です。
[PR]

by basscla1 | 2004-11-19 23:58 | 映画  

<< 羽田第2ターミナル 「殺人の追憶」を観た >>