話題の「pomera」を入手した

普段、なかなか家の中で仕事に集中できないことがある。
どうしてもテレビを見てしまったり、本を読んでしまったりしてしまうのだ。
だから、仕事の企画を考えたりするときには、カフェに行ってああでもない、
こうでもないと紙にメモして、それを後からデータにするということも多かった。
でもやっぱり一度考えたことを、あとでもう一度打ち込むのが面倒だったりする。

そこで、注目していたのがこのKING JIMの「pomera」。
b0048998_23122047.jpg


シンプルにテキストを入力するだけの、デジタルメモに特化したガジェットだ。
実は隠れた大ヒット商品で以前から注目していたけど、
今回、ついにこれを手に入れた。

早速カフェに行って使ってみたんだけど、
これがなかなか快適。まず、この折り畳み式のキーボードのギミックが、
なんともメカっぽくて心をくすぐる。キーボード自体は、
横幅はまあまあだけど天地が狭いため、打ち慣れるまでには若干の時間が必要。

慣れてからもちょくちょく打ち間違えが起きたりするけど、
ものすごくストレスになるというところまではいかない。
それこそ、考えていることをどんどん書いていくということについては、
ネット接続ができない分、意識がほかにいかずかえって集中できていいくらいだ。

いま、この文章もpomeraで書いているけど、
そんなに違和感なく文章を打ち込んでいる。ブログを書くのに携帯では面倒だ、
という人なんかはとてもいいのではないだろうか。
pomeaで打ち込んだ文字はPCに落とせるんだけど、強いて言えば
すぐにブログにアップしたいような人もいるだろうから、
携帯との連携もできると良かったように感じる。

 さて、これを日々持ち歩くためのケースを探そうとビックカメラに行ってきた。
しかし、電子辞書カバーでは少々大きすぎるし、
300円くらいのクッションカバーでは心許ない。
何かいいものがないかと探していたところ、ちょうどよいのが見つかった。

それが、ポータブルハードディスクのケースだ。
b0048998_23151153.jpg



このバッファローのソフトケースは1000円くらいでサイズもぴったり。
pomeraとPCをつなぐケーブルまでしっかりとおさまってくれる。

これからは、仕事中もプライベートでも、このpomeraを常に持ち歩いて、
思いついたこととか、考えていることなんかをどんどん入力していきたいと思う。
そうすれば、このブログの更新頻度も少しは高まるかも?
[PR]

by basscla1 | 2009-05-04 23:17 | 一般  

<< 『レッドクリフPART2』 『... 六本木のオールナイトアートイベント >>