台風でTwitterの威力を実感

今日は、とにかく交通機関のトラブルに振り回された。

午前中のアポイント、雨風が強くないので、てっきり電車が動いていると思って
渋谷駅に行ったら、JR全線ストップの知らせ。
情報を得るためJRのサイトを見ようと思っても、アクセス集中でつながらない状態だった。

そこで役に立ったのが、Twitter上のつぶやき。
台風が通過している、まさにその場所の人が現地の状況をつぶやいていたり、
鉄道の運行情報についても、ちょっとTwitterで探せば、リアルタイムで
状況が分かり、とても助かった。

これまで、Twitterの活用事例として、テロが起きている街の現状を
Twitterでリアルタイム実況した、といったことなどが
言われていたが、なかなかそれを自分の事として実感していなかった。

今回、自分が困っている状況で役立ったという体験を通じて、
本当の意味で、Twitterの持っている力を実感できた。

少し前の「ガイアの夜明け」で、ゲリラ雷雨の注意をより正確に会員にメールで
知らせるため、ボランティアを募って雲の様子を携帯で写真撮影し、それをセン
ターに送る、ということをやっていた。

Twitterの場合は登録もいらないし、「これは」と思う情報があれば、
RTすることでさらに多くの人にその情報をリアルタイムで届けられる。

携帯電話向けTwitterサイトのオープンが間近のようだし、
災害時などの重要な情報源として、活用法を設定してもいいんじゃないだろうかと思った。
[PR]

by basscla1 | 2009-10-09 01:43 | iPhone  

<< リアルイベント×ウェブ動画でコ... DVDで「Hot Fuzz」と... >>