『たみおのしあわせ』の監督はまとめることを放棄した

連休中に観た映画は2本。どちらも邦画で1本目が『たみおのしあわせ』
この映画はオダギリジョー、原田芳雄、大竹しのぶ、小林薫と、いい役者がそろっているし、
ちょっと間の抜けたセリフのやりとりが所々おかしかったりするんだけど、とにかく意味が分からないし、説明が不足している。


*以下ネタばれあり

登場人物がなぜそんな行動をとるのかという背景説明が不足(というか皆無)ため、
つながりが全く理解できない。ラストも、あの結婚式場から花嫁を連れ出す
超メジャー映画のパクリ(パロディにもなってない)から、
畑の中からやってくる、あの野球映画の超メジャー映画のパクリへと唐突につないでいて、
オリジナリティもなにもあったもんじゃない。

タイトルの「たみおのしあわせ」ってのは何? こういう映画といってしまってはそれまでだけど、
話をまとめることを放棄して、すべてブン投げるのと、観客に考えさせるということは違う。
あまりに予想外で、ビックリな映画だった。
[PR]

by basscla1 | 2009-10-14 00:17 | 映画  

<< 『百万円と苦虫女』は最後の演出... CEATECH2009に行ってきた >>