『インセプション』は必見の1本

映画館で『トイ・ストーリー3』を観たのが、公開2週目。
その後に行ったのが、8月1日の映画の日に観た『インセプション』。
それからは映画館に行ってないけど、DVDでいくつか。

『インセプション』は、『ダークナイト』のクリストファー・ノーランのオリジナル脚本もの
ということで、とにかく期待していた。なるべく事前情報を入れないようにしていたけど、
もれ聞こえてくるストーリーが、なんとなく最初に観た『メメント』を思わせるところがあったからだ。

コレは、『メメント』や『ダークナイト』のときも感じたんだけど、
観ている途中から、「いま、ものすごい映画を観ているんだ」というドキドキ感がずっと続いた。
それだけでも、自分としてはかなり満足感が高かった。

たくさん言いたいことがあるんだけど、これは良かった、と思ったことを3点ほど。

1.「インセプション」の仕組みの説明が、分かりやすく整理される演出
  ディカプリオがガイドになって、初心者であるエレン・ペイジにこの正解を説明するとろになって初めて、
  この映画の全容が見えてくる。正直、ここの説明に行き着くまでは頭に「???」が並ぶ人のほうが
  多いような気ががするが、ここでうまく解消してくれる、ように感じさせてくれる。
  というのは、よくよく考えてみると分からないところが結構ある。
  でもこのシーンはなんか説得力があるんだよね。

2.映像的な見所がたくさんあるところ
 CMにも使われている、地面が折れ曲がって、上から降りてくる、第2階層での無重力先頭シーンなど、
 映画館の大画面だからこそ楽しめる映像が満載。自分自身も、
 最近はDVDで観てしまう事が増えたのだけど、この映画は大画面で観なければという説得力があった。

3.夢の共有と、深層意識の階層というストーリー
  人の頭の中にダイブするというのは『パプリカ』や『ザ・セル』にもあるけど、誰かの夢を
  皆で共有するというのと、その設計図を他の人が描けるというのは面白い。
  あとは、まるでマトリョーシカ人形のような深層意識の入れ子構造。
  時間の流れもそれぞれ違うという設定になることで、タイムリミットが複数設けられてる。
  
まあ、後から考えてみるといろいろ言いたいところもあるんだけど、最初に書いたとおり、
「スゴイ映画だ」と感じさせてくれることは間違いないし、「メメント」みたいに、
「あれがこーなっているから、あっちはあーなって、、、」など考えながら観るのが好きな人にもオススメ。
[PR]

by basscla1 | 2010-09-12 01:48 | 映画  

<< 真昼のエイリアン『第9地区』 MOT-605SとWirele... >>