問題だらけ?の「愛・地球博」

 前日の「リニモ大混乱」を受けて、起床したのは予定より早く6:30。朝食を食べて7:30くらいにホテルを出てから東山線で「藤が丘駅」に向かいました。以前名古屋に住んでいたときにこの線を使っていたので、とても懐かしかったですね。

終点までに結構人が降りるかと思ったらそんなことはなくて、みんな目的は一緒。藤が丘駅に降りると、そこは長蛇の列でした、、、聞いてみるとなんと乗るまで50分待ち。早めに出ていなかったらどうなったかとぞっとしますね。

 待ちに待ってリニモに乗ってみたものの、当然浮き上がるのが見えるわけでもないので「静かで振動がない」という感想以外は何も無し。まぁ「乗った」という事実が大事だからいいんですけどね。

 万博は「報道関係者」ということで、入口でも並ばず、パビリオンも「取材です」と言えばだいたいのところには優先的に入れてもらえました。でも、人気のある企業パビリオンは最初に予約しなければダメだったようで、行きたかった「トヨタ」「三井、東芝」には行けませんでした。特に、トヨタの2足歩行ロボットは、ガンダム世代としてはぜひ見たかっただけに残念ですね。

今回見てきたのは下の6つです。

1.2005インチ巨大スクリーン(タテ10m×ヨコ50m)
2.冷凍マンモス 
3.大地の塔(世界最大の万華鏡)
4.日立パビリオン(3Dのアトラクション)
5.JR東海パビリオン(超伝導リニア体験3D映像)
6.長久手日本館(360度スクリーン) 

 はっきり言って、並ばないからこれだけ見られましたけど、フツーに行ってたらとてもじゃないけど無理ですね。それに、こう言ってはなんですが、90分、120分並んでも、、、、という感じを受けたものもありました。

 巨大映像とか、たしかに迫力があるんですけど、なにぶんコンテンツがイマイチなんですよね。「環境」をテーマにしてるもんだから、全体的になんか説教臭い。「人類が明かりを手にしてきてから、、、、」とか「鉄道の歴史は、、、」みないな感じで、エンターテイメント性がちょっと不足してる感じがしましたね。

 帰り際、シャトルバスで帰る直前に、救急車とレスキュー車、さらにはドクターヘリまで飛んで来るという事態に遭遇しました。その後どうなったのかわからないですが、無事かどうか気になります。

 その後は、新幹線に乗って東京へ。この間偶然に再会を果たした大学の時の友人とそのサークルの先輩と新宿の宮崎料理店で飲みました。2次会ではゴールデン街に初めて足を踏み入れましたよ。

b0048998_2204738.jpg

大地の塔にある「世界最大の万華鏡」。
ずっと上を見てると首が痛くなります(笑)。
[PR]

by basscla1 | 2005-03-20 22:00 | 一般  

<< 福岡で大地震 4年ぶりに名古屋へ >>