飲食店のクレーム

今日は、お昼を食べる時間があまりなかったので、出先の近くにあったリンガーハットに入った。
 こういうところは「15分あれば食べられるだろう」といった予測をしてはいるんだけど、あまりに長い待ち時間。しかも2階席のフロア係はおそらくまだ日が浅いと思われる女性1人。
「もう食べずに出ようか」と思っていると、近くにいた人が怒って「責任者呼んでこい」と言った。
どうやら、チャンポンが出てくるのが遅く、さらにそれを食べ終えてからしばらくして、一緒に頼んだ餃子が来たらしい。

 「そんな、大人げないなあ」と思って責任者とのやりとりを聞いていると、「まだ新人なもので、お客様の順番を間違えてしまったようで、、、」という発言が。
おいおい、それは違うだろうと思っていると、案の定男の人が「そんなの、新人なら間違えて当然でしょう。そういう人を2階に1人にさせておく、あなたがおかしいんでしょう。」と言う指摘が。

「慣れない人がいるなら、それをサポートするのが責任者の務めでしょう。どれくらいでできるのか時間も知らされず、訳が分からないまま”もう少々お待ち下さい”と謝り続けて、彼女がかわいそうだよ」

う~ん、しごくまっとうなクレーム。どっちかというと「こんな(といっては失礼だが)お店でクレームつけるんなら、それなりのお店に行けよ」と思っちゃう方なのだが、今日のは違いましたね。

 結局、最後はどうなったのか分からないけど、こういう「問題の本質」を突いてくれるクレームとうのは貴重だなあと感じましたよ。
[PR]

by basscla1 | 2005-08-24 23:09 | 一般  

<< 演技のヘタさが“味”な「ターン... 女性誌の面白タイトル >>