ジャッキーの新境地「香港国際警察」

 命がけの超絶アクションつるべ打ちで、揺るぎない評価を確立している
「ポリス・ストーリー」シリーズ。ひさびさに香港に帰ってきたジャッキーが、
「ハリウッドではできないアクションを!」とこのシリーズを選んだ(らしい)。

 「まさか、ジャッキー映画でこんなに泣かされるなんて、、、」
これが観終わっての感想。確か、劇場公開はひっそりとしかされていなかったけど、
ホントにもったいない。これは映画館で観たかったなぁ~、後悔してます。

 なんと言っても脚本が秀逸であること、そして、ジャッキーの演技の素晴らしさはホント特筆ものです。
チャン警部の苦しみ、怒りが観ているこちらにひしひしと伝わってきました。
また、脇を固める人たちも光っていて(というかジャッキーがうまく引き立てている)、無駄が全くないです。

 これから、ジャッキーはハリウッドでいうとクリント・イーストウッドのような
立場になるんじゃないでしょうか?
いまでも十分そうでしょうけど、香港の、いやアジアの映画人すべてが彼を尊敬し、
目標として見据えていくことになる、、、そんなことをまで思わせてくれる、
素晴らしい作品でした。
全てのジャッキーファン、映画ファンに、画面からほとばしるこの「凄味」を見て欲しいです!!

b0048998_23312439.jpg
[PR]

by basscla1 | 2005-08-28 23:30 | 映画  

<< 私の青春! 吹奏楽部 「ナショナル・トレジャー」を観た >>