アカデミー賞

 発表されましたねぇ。「ブロークバック・マウンテン」が意外に伸びなかったのは、
やっぱりテーマに対しての拒否反応なのでしょうか?
監督賞という無難なところで済ませている印象がありましたね。

 この間は「PROMISE」を観て来ました。これがまた笑えるんですよ!
思いっきりマンガな話なので、そこさえ気にしなければ、かなり楽しめますね。
「リアリティが、、、」とか気にしちゃう人は、間違いなくダメでしょう。

 アジアのスターが勢ぞろいする中でも、真田広之の扱いは特別。
起伏のある儲け役だったと思います。なによりアクションができるのが強い。
馬で疾走するシーンとか、何気ないんだけど、すごく様になっていました。

突っ込みどころ満載なので、ツボが同じ人と見に行くのがいいでしょう。
[PR]

by basscla1 | 2006-03-07 23:43 | 映画  

<< 20年前の呪縛から解き放ってく... 表参道ヒルズ >>