今日は映画サービスデー

 ということをすっかり忘れていて、
危うく前売り券を買いそうになりました。

「デジャヴ」と「ホリデイ」が観たいと思ってましたが、
ちょうど時間が合った「ホリデイ」に行ってきました。

 これ、すごくいいですねぇ~。
どっちかというと女性向なのかもしれませんが、
男性にも力を与えてくれる作品でした。

ジャック・ブラック、いい味出してますねぇ。
レンタルビデオショップのシーンなんか、本領発揮といったところ。
こういう役もこなせるところに幅の広さを感じました。

でも、印象的だったのがジュード・ロウ。
単なるプレイボーイではなくて、いつも演じる役柄とは
ちょっと違っていました。
特に最後のセリフにはグッと来ましたねぇ。
男としては一度は言ってみたいセリフです。

ナンシー・メイヤーズ監督、「恋愛適齢期」も良かったですが、
今回もいい作品撮ってますね~。 
オススメの1本です。

あと、予告編で気になったのが「ザ・シューター 極大射程」です。
この、ボブ・リー・スワガーシリーズは、小説全て読んでいます。
とにかくハラハラドキドキしっぱなし。
最初から最後まで目が離せない展開です。
あの、狙撃の瞬間の緊張感がどこまで映像で出せるのかは分かりませんが、
期待してしまいますね~。

DVDでは、「マイアミ・バイス」と「きみに読む物語」の2本を借りました。
面白いといいんだけど、、、
[PR]

by basscla1 | 2007-04-01 21:36 | 映画  

<< 恋愛適齢期 DVDを借りた >>