私の履歴書

日経新聞の終面に掲載されている、
著名人(経済、政治、文化など様々なジャンル)が
半生を綴る1ヶ月単位の連載。

今月はなんと、読売巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄氏。
もうね、すごいですよ、このコーナーの人気。
会う人会う人(特に40代以上)がここの話をします。

昨日か今日、「プロはかっこ悪い練習のところは見せない」
「何もやっていないように見せたいが、実は思い切り努力をしてる」
というところには共感した。

でも、記者が本人が言ったことをまとめているんだろうけど、
あの独特のコトバ遣いなんかがいまいち伝わってこないんだなぁ。
まぁ、あれをあのまま文にしたら意味が通じないんだろうけど(笑)。

よく、量ばかりこなしても仕方が無い、という人がいるが、
絶対に質が量を生んでいるのは間違いない。
これまで、優秀といわれるビジネスマンに会ってきたけど、
みな恐るべき量の仕事をこなしてきて、その経験から
質の高いものを生み出せるようになってきている人ばかりだ。

もちろん、ただ闇雲に量をこなしたって意味は無い。
でも、考えてばかりで行動しない人よりは、とにかく行動して
行動しながら同時に考えられる方が絶対に強い。

最近、ちょっとそういう姿勢を失ってきている気がしたので、
今月の「私の履歴書」はいい刺激になりそうだ。
[PR]

by basscla1 | 2007-07-16 21:38 | 一般  

<< 今週のテレ東「午後のロードショ... 台風は、、 >>