あるいは裏切りという名の犬

う~ん、この邦題を付けた人は何を狙ったんだろう?
なんか、「オシャレ」路線を狙って思いっきり失敗しているような、、、、

とはいえ、映画は見応えありましたねぇ。
「インファナル・アフェア」とはまた違う、
同じ組織にいるからこその対立が描かれていました。

仲間の裏切りにあったダニエル・オートイユの復讐ってのが
基本ラインなんですけど、結末のつけ方といい、
すごく余韻がありました。

こちらもハリウッドリメイクされるようですけど、
キャスト2人を誰にするかが命ですねぇ。
[PR]

by basscla1 | 2007-09-06 01:02 | 映画  

<< ブラス仲間と久々の会合 『オーシャンズ13』 >>