クライマーズ・ハイ

ニュースで完成疲労試写会の模様を見ました。

ギャガは、この作品を最後に配給および製作事業から
徹底するようですね。
報道されたところによると、『ライラの冒険』が大コケしたことが
一番の原因だとか。

まぁ、でも、映画の当たる当たらないはギャンブルみたいな
ものですからね。以前、まさに映画配給会社の人と話しましたけど、
中小の配給会社にとって、力を入れた作品がこけると、
会社が傾くくらいの損失になるのだとか。

まさにギャンブルとしか言いようがないですね。
だから、テレビドラマやマンガ、アニメといった企画に
走るのだろうと思います。

ギャガは親会社がUSENグループだから、
GyaOという無料動画へのコンテンツ提供という役割もあるはず。
こらからどうなっていくのか、しばらくウォッチしていきたいですね。

でも「セブン」や「マスク」といった作品を手掛けて、
業界の風雲児といわれた同社がいなくなるのは寂しいですね。
せめて最後くらいは当たって欲しいところです。
[PR]

by basscla1 | 2008-06-19 01:39 | 映画  

<< データの力 東北の地震と携帯電話のCM >>