コラテラル鑑賞

 トム・クルーズ主演、マイケル・マン監督ということで、どのようになっているのか気になっていた1本。
予告編やら雑誌やらを見ると、銀髪、無精ひげのトム・クルーズに、彼独特の「スターの輝き」が失せているように感じていたのだが、実際はそんなこと無かった。
銃の構え方から身のこなしまで、非常に流麗な感じで、目を奪われる。ストーリーのことについてはいろいろなところで書いているだろうから、ここはアクションに注目して観てもらうと楽しいと思う。
[PR]

by basscla1 | 2004-11-08 22:54 | 映画  

<< 「殺人の追憶」を観た 今日も地震 >>