真昼のエイリアン『第9地区』

今年のゴールデンウィークは、ひどい風邪を引いてしまって、
5月1日から5日までの5日間、ほんとうに家から出られない状態だった。

そのおかげで、観にいくつもりだった映画がまったく観られなかったのだ。
そして、そのときに観たいと思っていた1本が『第9地区』だ。
観た人全員が「面白かった」と言うもんだから、レンタルになるのが待ち遠しかったんだけど、
レンタル開始しても、なぜかタイミング悪くいつも貸し出し中。

やっと借りられて先日観たんだけど、たしかにこれは面白い!
舞台が南アフリカのヨハネスブルクというのも、
今年ワールドカップが行われたことを考えると、明らかに狙って昨年公開されたんだろう。

難民問題を、エイリアンに置き換えた「たとえ話」であることは誰が見ても明らかなんだけど、
何より面白かったのが、前半と後半のものすごいギャップ。
最初は、ニュース映像なんかも交えてドキュメンタリータッチで進んでいくし、
自らがエビ化していくことで、「差別する側がされる側へ」というような
社会派SF映画か?と思わせておいて、あの後半の怒涛のアクションシーン。

パワードスーツまで使っての大バトルは見所満載だし、最初は能天気だった主人公が
最後は頼もしく成長してたりする。心のなかで「エビ、がんばれ!」と思わせてしまう
この流れの作り方は上手い!
前半と後半でまったく違った印象なのに、決してチグハグな印象ではないので、
1本で2度おいしい気分にさせてくれた。

アカデミー賞作品賞にノミネートってのは、候補作が10本になったからだろうけど、
こういう映画が入ってくるのなら大歓迎! 2010年度もこういう作品をぜひ入れて欲しい。

*低予算で作られたってことだけど、CGなどVFXのレベルは高いと思った。
 白昼堂々と、あれだけハッキリエイリアンを出すってのはあんまりない。
 韓国の『グエムル』くらいかな。
[PR]

# by basscla1 | 2010-09-13 23:34 | 映画  

『インセプション』は必見の1本

映画館で『トイ・ストーリー3』を観たのが、公開2週目。
その後に行ったのが、8月1日の映画の日に観た『インセプション』。
それからは映画館に行ってないけど、DVDでいくつか。

『インセプション』は、『ダークナイト』のクリストファー・ノーランのオリジナル脚本もの
ということで、とにかく期待していた。なるべく事前情報を入れないようにしていたけど、
もれ聞こえてくるストーリーが、なんとなく最初に観た『メメント』を思わせるところがあったからだ。

コレは、『メメント』や『ダークナイト』のときも感じたんだけど、
観ている途中から、「いま、ものすごい映画を観ているんだ」というドキドキ感がずっと続いた。
それだけでも、自分としてはかなり満足感が高かった。

たくさん言いたいことがあるんだけど、これは良かった、と思ったことを3点ほど。

1.「インセプション」の仕組みの説明が、分かりやすく整理される演出
  ディカプリオがガイドになって、初心者であるエレン・ペイジにこの正解を説明するとろになって初めて、
  この映画の全容が見えてくる。正直、ここの説明に行き着くまでは頭に「???」が並ぶ人のほうが
  多いような気ががするが、ここでうまく解消してくれる、ように感じさせてくれる。
  というのは、よくよく考えてみると分からないところが結構ある。
  でもこのシーンはなんか説得力があるんだよね。

2.映像的な見所がたくさんあるところ
 CMにも使われている、地面が折れ曲がって、上から降りてくる、第2階層での無重力先頭シーンなど、
 映画館の大画面だからこそ楽しめる映像が満載。自分自身も、
 最近はDVDで観てしまう事が増えたのだけど、この映画は大画面で観なければという説得力があった。

3.夢の共有と、深層意識の階層というストーリー
  人の頭の中にダイブするというのは『パプリカ』や『ザ・セル』にもあるけど、誰かの夢を
  皆で共有するというのと、その設計図を他の人が描けるというのは面白い。
  あとは、まるでマトリョーシカ人形のような深層意識の入れ子構造。
  時間の流れもそれぞれ違うという設定になることで、タイムリミットが複数設けられてる。
  
まあ、後から考えてみるといろいろ言いたいところもあるんだけど、最初に書いたとおり、
「スゴイ映画だ」と感じさせてくれることは間違いないし、「メメント」みたいに、
「あれがこーなっているから、あっちはあーなって、、、」など考えながら観るのが好きな人にもオススメ。
[PR]

# by basscla1 | 2010-09-12 01:48 | 映画  

MOT-605SとWireless Keyboard

iOS4になって、Bluetoothのキーボードを導入してからというもの、
朝、出勤前にマックでコーヒーを飲みながら、企画の原案とか、仕事のメモなんかを打ち込んでいる。

そして同時に、昨年買ったBluetoothイヤホン「MOT-605S」もつないで音楽を聴いている。
とっても快適なのだが、一番の悩みはとにかくバッテリーの減りが早いこと。

ガンガン減っていって、1時間で20%くらいは少なくなっていたりする。
前に一度、コンセント一体式のバッテリーを買ったのだけど、わずか4ヶ月で壊れた。

それからというもの、会社や家でこまめに充電するようにしていたので、特に買わずにいたのだけど、
この使い方をこれからも続けるためには、バッテリーは欠かせない。

いろいろ調べた結果、Amazonで注文したのが
SANYOのKBC-L3AS

これよりも容量の大きなモデルもあったのだけど、そこまではいいかなと。

自宅に届くのは28日(土)。それまでに、iPhoneとつなぐケーブルを買っておかないと。
それにしても、Bluetoothは便利だなぁ。
オーディオ機器の配線も、すべてBluetoothになればいいのに。
[PR]

# by basscla1 | 2010-08-27 00:10 | iPhone  

Wireless Keyboardを買った

iOS4のアップデートで一番嬉しかったのが、Bluetoothキーボードへの対応。
これまで、KING JIMのpomeraを使っていたけど、
ひょっとすると、もう必要ないかもしれないと思っていた。

ずっと気になってはいたものの、仕事もあってなかなか導入できなかったけど、
夏休みを利用してキーボードを買おうとヤマダ電機に行ってきた。

当初は、折りたたみキーボードを考えていたのだけど、
1万円以上する割にはもろにプラスチックで、ちょっとチャチな感じがしたのでパス。
折りたたみではないものの、小さなストレートタイプもあったけど、
これまたデザインがイマイチ。

いっそのこと、Apple純正のはどうだろうかと思ってAppleコーナーに行って見てみると、
これが薄いし軽いし、当然デザインもイイ。
それでいて、価格は6800円と折りたたみよりも安い。
在庫が残り2つしかなかったこともあり、即決で購入した。

あとから気づいたら、JISではなくUSだったので、
配列が異なっていていて迷うこともあるし、英数切り替えがちょっと手間なところもある。

でも、このトピック自体、iPhone+ワイヤレスキーボードで書いているけど、ほとんどストレスがない。
wi-fi環境にあれば、Evernoteと組み合わせて使うことで、最強と言えるくらいに便利だ。

キーボードは、A4ソフトケースに入れて、常にカバンに入れているけど、あんまり重さは気にならない。
キーピッチも余裕なので、ランチの時なんかは、長いメールをコレを使って返信したりする。
まだ1週間も経過していないけど、すっかりポメラを使わなくなってしまった。

ただ、この組み合わせの唯一の弱点が、バッテリーの減り具合が早いこと。
Bluetoothのキーボードとイヤホンをつないで、
なおかつwi-fiをつないでいたりすると、ガンガンなくなっていく。
こういう使い方をするならば、そろそろバッテリーパックを買わなければなぁ。

それにしても、このキーボードを使っていると、ますますMacが欲しくなってくる。
そのうちガーっと衝動買いしてしまいそうで怖い、、、

b0048998_23541070.jpg

iPhoneスタンド、いいころあいのものがなかなか見つからない。
あったとしても海外のものだったりするんだよなぁ。
[PR]

# by basscla1 | 2010-08-18 23:52 | iPhone  

『トイストーリー3』のすばらしい脚本に涙、、、

作る作品すべてが傑作レベルの面白さという、
脅威のヒット率を誇るピクサー。

中でも『トイストーリー』は、「2」の出来がすばらしく、
まさか「3」が作られるとは思っていなかった。

予告編が公開になって、物語の設定を知ると、
前作から10年という時間の経過がそのまま
ストーリーに生かされている。しかも、
ご主人であるアンディとの別れが描かれるという。
もうこれだけでウルウルしてしまっていた。

満を持して本編(2D)を観にいったけど、
これがものすごく楽しく、そして切ない映画だった。
きっと涙が出てしまうと思って3Dではなく2Dを選んだんだけど、
これが大正解。おもいきり泣かされてしまった、、、


<ネタバレあり>

最初の、自分たちの境遇を受け入れているおもちゃたちの
姿を見て、まずウルウル。
その後の、保育園を刑務所に見立てた大脱走劇は、
笑いあり、アクションありで楽しいシーンの連続!

それぞれのキャラクターが協力しながら危機を乗り越えていく
様子をテンポよく見せてくれる。

笑わせてもらったのが、バービー&ケンのやり取りと、
思いっきりホラーなベイビー人形&モンキーシャイン。

そして、バズ・ライトイヤーに隠された衝撃の設定!!
まさかエスパーニャ バズになるなんて。
もう、これには大爆笑。いや~、本当にアイデアが練りこんである。

脚本の完成度が恐ろしく高いのは毎回のことなんだけど、
今回のオープニングとエンディングのリンクには泣かされた。

冒頭、子どもの妄想が大爆発する西部劇で、楽しそうに
自分の物語におもちゃたちを登場させる子どものアンディ。

そして、新しいおもちゃの主人であるボニー対して、自分の思い出をこめて、
一体一体いとおしそうにおもちゃたちを紹介する、成長したアンディ。

いま思い出しながらブログを書いていても、思わず涙が出そうになる名シーン。
観る人の世代や立場によって感じ方がそれぞれ違う、層の厚いストーリー。
3部作の最後を飾るのにふさわしい作品だった。

作り手のこだわりが、絵作りにもストーリーにも、すみずみまでいきわたって
いる映画というのは、観ている人にも絶対に伝わる。

次は、3Dをぜひ観にいきたい。
[PR]

# by basscla1 | 2010-07-11 14:18 | 映画  

映画館で『告白』を観た

映画館で最後に観たのは何だろう?
GWは、ずーっと風邪で寝ていたので、『アリス』『シャッターアイランド』も行けず。
ということは『シャーロック・ホームズ』が最後か?

とにかく、六本木ヒルズの最前列で首がつりそうになりながら
観てきましたよ、『告白』を。

これ、事前に原作を読んでいたので展開は知っていたけど、
それでも十分に楽しめた。
これは、中島監督の見せ方のうまさなんだろうなぁと思う。
「なるほど、ここはこんな映像と音楽を付けるのか~」というシーンがたくさん。

特に、予告編で気になっていたダンスのシーンは気になっていたので、
「たしかにあいつならやりそうだよな~」と思わせてくれた。

あとは『告白』というタイトルどおり、小説は基本的に主人公のモノローグ。
特に最初の守口先生のパートは思いっきり独白でもある。
そこをどう演出するのかということも気になっていたけど、
先生のセリフで生徒たちがどう反応するのかを細かく拾っていて、これまた見ていて違和感がない。

正直、この小説のストーリー自体は「それはあり?」と思うところもあったけど、
映画だとあんまりその辺も気にならない。

映画としては、原作小説よりもいろんな視点で楽しめる感じがした。
とはいえ、ホントに救いのない後味悪い作品。
これがヒットするのはちょっと不思議。

あと、ミズホ役の女の子、初めて見たけど、目に意思の強さがあってよかったなぁ。
他に映画出てたりするんだろうか?
これから伸びそうな感じがした。
[PR]

# by basscla1 | 2010-07-05 23:44 | 未分類  

ワールドカップはやっぱり面白い

開幕してからというもの、日本の試合以外はさすがに
3時半の試合は見ていないけど、11時からの試合はなるべく見るようにしていた。
国を代表しての戦いは、やっぱりクラブサッカーとは
違う面白さがあると感じた。

それにしても、日本代表がこれだけ勝ち進むとは、
始まる前にいったい誰が予想できただろうか?

代表戦の観客動員数が最近落ち込んできているところだっただけに、
今回、ベスト16という「結果」を得たことは、今後につながる大きな収穫だったと思う。

でも、今回勝つために選んだ「堅守速攻」というスタイルは、
これから日本が標榜していく姿なんだろうかとも思う。

次のW杯予選、はっきり言って韓国以外のアジアの国と試合するとき、
日本はボールを保持できる立場にいることは間違いない。

でも、アジアを飛び出してW杯で戦うとなると、そうはいかない。
今回のように「堅守速攻」が、結果を出すためには求められる。

つまり、予選と本選で異なるサッカーのスタイルがもとめられる、
ということにはならないのだろうか?
特にサッカーを見続けているわけではないので分からないんだけど
この点が気になってしまった。

南米のパラグアイやウルグアイ、ヨーロッパで言えばスウェーデンやスイスなんかが
堅守速攻といわれているけど、これはブラジル、アルゼンチンや
イタリア、ドイツ、スペインといった、ランキング10位以内の国と
毎回予選を戦わなければいけないわけで、
そうしたスタイルを取らざるを得ないところもあると思う。

でも、日本の場合、アジアの中では韓国と並んで強国なわけで、
どちらかというと、対戦国が引いて守っている場合が多くなる。
それを崩すサッカーをしないと、予選は勝ちあがれない。

でも、勝ち上がっら今度は世界を相手に「結果」を得るために
堅守速攻にスタイルを改める。
なんだか、戦術がダブルスタンダードになってしまうんじゃないかと
思うのは、やっぱり素人なんだろうか???

日本らしいサッカースタイルをアジアでも世界でも示すってのは
やっぱり難しいのかな??ということを、
今大会の日本代表の戦いぶりを見ていて思った。

まぁ、こんなことを考えられるくらいになったというだけでも、
ものすごい進化であることは間違いないんだけど、、、

サッカーに詳しい人はどう考えているんだろうか?
[PR]

# by basscla1 | 2010-07-02 01:08 | 一般  

iPhone4の広告はこれで決まり?

すごい!確かに自動改札機に似ている!!
このまんま、アンビエントアドとして使えそうだ。

タイミングとしては、iPhoneに「モバイルSuica」機能が
搭載されたときが最も効果が発揮されそう。

FelicaネットワークスがFelicaの世界普及を急ピッチで進めれば
その道も出てくるかもしれない。
そうなると、SONYの技術がAppleに搭載されることになる。
Walkmanの恨みをFelicaで返す。それはそれで、面白いなぁ。

Share photos on twitter with Twitpic
[PR]

# by basscla1 | 2010-06-08 23:29 | iPhone  

iPhone4発表

日本時間6月8日の午前2時に発表になった「iPhone4」。
さすがに眠いので、そのまま寝たんだけど、朝5時半に起きてTwitterを見たら、
これまたとんでもない状態に。
TLがほとんどiPhone4のつぶやきで埋まってたのだ。

別に、「#iphone4」なんてハッシュタグで検索しなくても、
とにかく次から次につぶやきが投稿されてる。

スペックや機能については、いろいろなところで書かれているのでいいとして、
個人的にうれしいのはBluetoothキーボードへの対応。

カフェに行ったときはpomeraを使って企画原案打っているけど、
面倒なのがそれをPCに取り込むこと。それを忘れてしまって、
せっかく打った内容が必要な日に使えなかったこともしばしば。

でも、これからは折りたたみキーボードを持ち歩けば、
Evernote使えるようになって、同期もラクだ。

と、ここまで書いていて思った。
「あれ、iPhoneって、Bluetooth機器を2台同時に接続できるんだっけ?」
今、MOTLORAのBluetoothイヤホンを使っていて、pomera打ってるときは
ほとんどpodcastや音楽聴いたりしている。

コード引き回し煩わしさから開放されたこの状態は絶対に譲れない。
かといって、pomeraを持ち歩かずに済むなら、それもぜひ実現したい。

ネットで調べてみたけど、いまいち正確な情報にたどり着かない。
どなたか、情報ご存じないですかね?
コレさえわかれば、iOS4.0にアップデートした後の行動が決まるので。
お願いしま~す。
[PR]

# by basscla1 | 2010-06-08 23:18 | iPhone  

連休中に観た映画

とても天気が良くて、外出日和が続いていた今年のGW。
それなのに、私は5日間ほとんど家で寝ていた、、、、

4月25日の夜に微熱が出てから30日まで、毎日夕方熱が出て、
市販の薬飲んで翌朝下がるというのを繰り返し。

1日の土曜日に病院行ったのに、今度は頭痛まで加わる始末。
もう本当に何もやる気が出なくて、ベッドで寝てるか、
おきていても、ボーっとテレビを見ているだけ。

仕方がないので、録画ためていた『24』シーズン7を観ていた。
しかし!途中録画し忘れていたエピソードがあり、
次に進めず。でも、我慢できないくらい「どうなるんだ!」ってところで
終わっていたので、体調悪いにもかかわらず近くのレンタル店に行ってしまった。

それにしても、シーズン7は、これまで出ていた好きな人物が死んでしまって悲しいね。
あと、さすがに24時間でこれだけのことは起きないだろ~って思うことも多かった。
とはいえ、観ている間はいつもどおり面白かった。

あと、『24』と一緒に借りたのが『サマーウォーズ』。
去年劇場で観てたけど、なんとなくもう1度観たくなって借りた。
やっぱりテンポが良くていいなぁ。DVD買っちゃおうかな。

ということで、本当は観にいきたかった
『アリス』も『第9地区』も『シャッターアイランド』も観られず。
月末までになんとか1本は観たい。
[PR]

# by basscla1 | 2010-05-12 01:13 | 映画