カテゴリ:iPhone( 22 )

 

MOT-605SとWireless Keyboard

iOS4になって、Bluetoothのキーボードを導入してからというもの、
朝、出勤前にマックでコーヒーを飲みながら、企画の原案とか、仕事のメモなんかを打ち込んでいる。

そして同時に、昨年買ったBluetoothイヤホン「MOT-605S」もつないで音楽を聴いている。
とっても快適なのだが、一番の悩みはとにかくバッテリーの減りが早いこと。

ガンガン減っていって、1時間で20%くらいは少なくなっていたりする。
前に一度、コンセント一体式のバッテリーを買ったのだけど、わずか4ヶ月で壊れた。

それからというもの、会社や家でこまめに充電するようにしていたので、特に買わずにいたのだけど、
この使い方をこれからも続けるためには、バッテリーは欠かせない。

いろいろ調べた結果、Amazonで注文したのが
SANYOのKBC-L3AS

これよりも容量の大きなモデルもあったのだけど、そこまではいいかなと。

自宅に届くのは28日(土)。それまでに、iPhoneとつなぐケーブルを買っておかないと。
それにしても、Bluetoothは便利だなぁ。
オーディオ機器の配線も、すべてBluetoothになればいいのに。
[PR]

by basscla1 | 2010-08-27 00:10 | iPhone  

Wireless Keyboardを買った

iOS4のアップデートで一番嬉しかったのが、Bluetoothキーボードへの対応。
これまで、KING JIMのpomeraを使っていたけど、
ひょっとすると、もう必要ないかもしれないと思っていた。

ずっと気になってはいたものの、仕事もあってなかなか導入できなかったけど、
夏休みを利用してキーボードを買おうとヤマダ電機に行ってきた。

当初は、折りたたみキーボードを考えていたのだけど、
1万円以上する割にはもろにプラスチックで、ちょっとチャチな感じがしたのでパス。
折りたたみではないものの、小さなストレートタイプもあったけど、
これまたデザインがイマイチ。

いっそのこと、Apple純正のはどうだろうかと思ってAppleコーナーに行って見てみると、
これが薄いし軽いし、当然デザインもイイ。
それでいて、価格は6800円と折りたたみよりも安い。
在庫が残り2つしかなかったこともあり、即決で購入した。

あとから気づいたら、JISではなくUSだったので、
配列が異なっていていて迷うこともあるし、英数切り替えがちょっと手間なところもある。

でも、このトピック自体、iPhone+ワイヤレスキーボードで書いているけど、ほとんどストレスがない。
wi-fi環境にあれば、Evernoteと組み合わせて使うことで、最強と言えるくらいに便利だ。

キーボードは、A4ソフトケースに入れて、常にカバンに入れているけど、あんまり重さは気にならない。
キーピッチも余裕なので、ランチの時なんかは、長いメールをコレを使って返信したりする。
まだ1週間も経過していないけど、すっかりポメラを使わなくなってしまった。

ただ、この組み合わせの唯一の弱点が、バッテリーの減り具合が早いこと。
Bluetoothのキーボードとイヤホンをつないで、
なおかつwi-fiをつないでいたりすると、ガンガンなくなっていく。
こういう使い方をするならば、そろそろバッテリーパックを買わなければなぁ。

それにしても、このキーボードを使っていると、ますますMacが欲しくなってくる。
そのうちガーっと衝動買いしてしまいそうで怖い、、、

b0048998_23541070.jpg

iPhoneスタンド、いいころあいのものがなかなか見つからない。
あったとしても海外のものだったりするんだよなぁ。
[PR]

by basscla1 | 2010-08-18 23:52 | iPhone  

iPhone4の広告はこれで決まり?

すごい!確かに自動改札機に似ている!!
このまんま、アンビエントアドとして使えそうだ。

タイミングとしては、iPhoneに「モバイルSuica」機能が
搭載されたときが最も効果が発揮されそう。

FelicaネットワークスがFelicaの世界普及を急ピッチで進めれば
その道も出てくるかもしれない。
そうなると、SONYの技術がAppleに搭載されることになる。
Walkmanの恨みをFelicaで返す。それはそれで、面白いなぁ。

Share photos on twitter with Twitpic
[PR]

by basscla1 | 2010-06-08 23:29 | iPhone  

iPhone4発表

日本時間6月8日の午前2時に発表になった「iPhone4」。
さすがに眠いので、そのまま寝たんだけど、朝5時半に起きてTwitterを見たら、
これまたとんでもない状態に。
TLがほとんどiPhone4のつぶやきで埋まってたのだ。

別に、「#iphone4」なんてハッシュタグで検索しなくても、
とにかく次から次につぶやきが投稿されてる。

スペックや機能については、いろいろなところで書かれているのでいいとして、
個人的にうれしいのはBluetoothキーボードへの対応。

カフェに行ったときはpomeraを使って企画原案打っているけど、
面倒なのがそれをPCに取り込むこと。それを忘れてしまって、
せっかく打った内容が必要な日に使えなかったこともしばしば。

でも、これからは折りたたみキーボードを持ち歩けば、
Evernote使えるようになって、同期もラクだ。

と、ここまで書いていて思った。
「あれ、iPhoneって、Bluetooth機器を2台同時に接続できるんだっけ?」
今、MOTLORAのBluetoothイヤホンを使っていて、pomera打ってるときは
ほとんどpodcastや音楽聴いたりしている。

コード引き回し煩わしさから開放されたこの状態は絶対に譲れない。
かといって、pomeraを持ち歩かずに済むなら、それもぜひ実現したい。

ネットで調べてみたけど、いまいち正確な情報にたどり着かない。
どなたか、情報ご存じないですかね?
コレさえわかれば、iOS4.0にアップデートした後の行動が決まるので。
お願いしま~す。
[PR]

by basscla1 | 2010-06-08 23:18 | iPhone  

iPadが無性に欲しくなってしまう動画

「Alice for iPad」という、iPadの特性を生かした電子書籍
これ、とにかくスゴイ!見たら絶対iPadが欲しくなること間違いなし。
いわゆる“電子書籍”のイメージを大きく変えてくれたし、
表現面での今後の可能性の高さを感じた。

iPadを早くも触ったことある人が「子どものために1台買いたい」というのもわかる。
まさに「飛び出す絵本」を読んでいるような感覚。


[PR]

by basscla1 | 2010-04-22 02:43 | iPhone  

iPhone OS4.0 Bluetoothキーボードのデモビデオ

9to5Macが、iPhone OS4.0のBluetoothキーボードのデモビデオを公開している。

コレを見ていると、早送りや曲のスキップ、ボリュームといった音楽のコントロールや、
iPhoneのキーボードを呼び出すといったこともキーボードで可能になっている。
これは、OS4.0になったら、ホントにpomeraは用済みになってしまうかもなぁ。
とはいえ、バッテリーを食うことは間違いないから、コンセントのあるマクドナルドの利用率が
上がってしまいそうな気もする。


[PR]

by basscla1 | 2010-04-21 01:45 | iPhone  

iPhone OS4.0はBluetoothキーボード対応

先日発表が行われたiPhone OS4.0。
ニュース記事を読むと、その多くが「マルチタスク化」を
メインにしているけど、個人的にはBluetoothキーボード対応が気になる。

すでにアメリカで発売されているiPadがBluetooth対応していて、
その動画がYouTubeでいくつか上がっている。



ここでは、折りたたみ式のキーボードが使われているが、これとiPhoneとの組み合わせは
以前から待望していただけに、OS4.0に期待が高まる。

現在、外出時の長文テキスト入力についてはKING JIMの「pomera」を使っている。
そのメリットは持ち運びが便利なことと、起動時間が2秒と恐ろしく早いこと。

しかし、このiPhone+Bluetoothキーボードができるようになれば、
iPhone上で、WordやExcelのファイルを編集できるアプリ「Quickoffice」を購入すると
画面は小さいかもしれないが、かなり活用の幅が広がる。
pomera導入からまもなく1年。その1年で役割を終えてしまうことになるかもしれない。

*Bluetoothキーボードを使うとき、iPhoneを立てかけておくツールが必要になる。
  コレなんか、なかなかよさそう。
SANWA SUPPLY iPod、iPhone対応 デスクトップスタンド

*Bluetoothキーボードはコレかなぁ
 リュウド 折りたたみワイヤレスキーボード
Apple純正の折りたたみが出ればいいんだけど。
[PR]

by basscla1 | 2010-04-18 18:37 | iPhone  

iPhoneのワイヤレスキーボード

前にブログに書いたとおり、土日はよくカフェに行って、
iPhone&pomeraであれこれ仕事の書類を書いている。

最初はそれでよかったのだけれど、なんだかんだで、
pomeraで打ちこんだデータは、家に帰ってPCにつながないといけない。

前は、iPhoneとpomeraをつなげるケーブルがあれば、、、
とも思っていたのだが、最近はBluetoothのワイヤレスキーボードが
使えたらなぁ、と考えてしまう。

この間の、OS3.01アップデートの時に、
いよいよ、Bluetooth対応の幅が広がって、イヤホンだったら曲の送り
なんかができるようになるか!と期待していたのに、それはなし、、、

まあ、MOT-S605を使っていて、曲送りしたりすることもないので、
そんなに気にしていないのだけど、ほかのスマートフォンには対応している
折りたたみ式ワイヤレスキーボードがあることを知ってからは、それが無償にほしくなった。

ただ、前述のとおり、iPhoneのBluetooth規格では未だ対応しておらず。
これはいったいなぜなんだ?
iPhoneはタッチ入力しかしちゃダメっていうこと?
それとも、Appleが自分たちで発売してからOSをバージョンアップさせようという狙い?

とにかく、今一番ほしいのは「iPhone対応の折りたたみ式Bluetoothキーボード」
これが発売されたら、絶対に買うね。というか、早く商品化してほしい。
[PR]

by basscla1 | 2009-10-22 01:27 | iPhone  

Tweetup Tokyo 2009 に参加して思ったこと

Twitterイベントに参加してみて、Twitterのリアルイベントとの相性の良さを改めて感じた。
特殊な光景ではあったけれど、皆がイベントの様子を中継しながら、
同時にその場にいられなかった人たちが「いいですね」「○○はどうなっているんですか?」
と投稿していて、イベントにおける情報のスピード感が大きく変化していたと感じた。

不況後は、広告などマーケティングコミュニケーションの効果測定について、
今まで以上に非常にシビアになっていて、それはイベントにおいても同様となっている。

イベントの効果としては、参加者数や参加者へのアンケート調査などが中心となっている。
博報堂エクスペリエンスデザインの「リアルヂカラ」という書籍の中に取り上げられている。
それによると、イベントに実際参加した人(一次接触)だけでなく、
メディアを通じてそのイベントのことを知った人(二次接触)についても把握することで、
イベントの成果を正確に把握しようということが書かれている。

ここでいうメディアには、マスメディア、ウェブのニュースサイトだけでなく、
そこに参加した人のブログも含まれている。

だが、テレビをはじめ、参加者のブログも含めて、ほかの人に伝わるまでには
時間がかかるし、その場で記事をまとめてアップするニュースサイトでも、
多少のタイムラグがある。

しかしTwitterの場合は、イベントに参加している一次接触者がリアルタイムで
情報を出すことができる。なので、二次接触者が情報を得るまでのタイムラグが、
以前に比べると驚くほど短くなることになる。

そして、実際にイベントであったように「○○はどうなっているんですか?」という、
参加していないからの質問がきて、それに参加者が返すというコミュニケーションが成立する。

そこに参加していない人に対して、同時に近い形でよりリアルな体験をしてもらえるというのは、
これまでになかった。

いまでも、いわゆるアルファブロガーを招待して、その人たちに記事にしてもらうということがあったが、
これからは、ブログに書いてもらうことを期待するだけでなく、その模様を
リアルタイムでTwitterで投稿してもらう、ということもあるんだろうなあと思っていたら、
今日、こんなニュースが。

Girls Log
→モデルなど20代前半の女性に“ガールズトーク”をつぶやいてもらい、
  その内容をまとめて表示する

う~む、確か、Twitterの主要利用者は30代~40代の男性のはず。
まぁ、カワイイ女性が気になってフォローするというのはあるかもしれないけど、
どちらかというと、共感につながるのがTwitterだと思うので、
共感してほしい同世代の20代女性は少ないから、あまり意味がないのではと感じてしまう。
今後どう展開するのだろうか?

あと、これはイベントで創業者の1人であるジム・スローン氏も語っていたし、
ツイッター140文字が世界を変える」でも書かれていたように、
リアルタイムで手軽だからこそ、より「人」に立脚しているのがTwitterだと思う。

企業がビジネスとして活用を考えると、どうしても仕組みありきで考えてしまいがち。
会場で、首から下げたアカウントの書かれた用紙に「電通 Twitter担当」と書いてある人がいたけど、
企画側は、一度このイベントの感覚を自分でも知っておかないと、
実感値のあるTwitter企画はできないのではないかと思った。

■Tweetup Tokyo2009について取り上げているブログなど


Tweetup Tokyo 2009に行ってきた
Powerroom.Biz

写真で見る「Tweetup Tokyo 2009 Fall」参加レポート
もっちブログ@クリエイティブに生きる!

Twitter公式携帯版を説明、ウィルコム最新モデルの展示も
internet watch

Tweetup Tokyo 09 fallをダダ漏れしてきました
ケツダンポトフ

Tweetup Tokyo 09 Fallてげてげ日和
[PR]

by basscla1 | 2009-10-19 23:21 | iPhone  

Twitterのイベントに行ってきた

今日、モバイルのTwitterサービスがオープンしたことと連動させて、
恵比寿でイベントが行われたので、そこに行ってみた。

会場には、人、人、人。あとから聞いたら420人くらい来ていたらしい。
そして、目立ったのがiPhoneをはじめとするスマートフォンユーザーの多さ。

Twitter創業者の一人や、勝間和代さんなど著名人が登壇する際には
みんな写真を撮って、Twitterに投稿。
ハッシュタグである#twup09はものすごい勢いでTLが埋まっていった。

サードパーティーも数多く登壇していたが、中でも特徴的だったのが、
国連の方が登壇したこと。

正直、かなりやっつけで今回のイベントを企画したのではないかと
思っていたのだが、この国連の方の登壇などを見て、
Twitterというサービスを単なるビジネス上のことだけでなく、
人と人とをつなげる社会貢献のツールとしても有効活用していこうという、
主催者側の本気度を見た感じがした。

また、会場の後ろでは、先日発表されたSHARPのモバイルインターネットツール
「NetWalker」が試せるようになったり、Twitter関連書籍が
販売されていたりと、このイベントのためにホントに事前準備をおこなっていたのだな、と感じた。

そのほか、感じたことはまたあらためて。
[PR]

by basscla1 | 2009-10-16 02:06 | iPhone