<   2004年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「スウィング・ガールズ」を観た


遅ればせながらやっと観ることができました。
高校から初心者で吹奏楽部に入った私としては、マラソンやら腹筋やらの訓練シーンは
非常に懐かしかったですね。ホントにやっていましたから。最初に音が出たときの喜びとか、
初心者同士で競い合うように練習したところなんかの表現はとてもリアルだと思いました。

そしてなにより、最初にステージに立ったときのあの高揚感!
最後の演奏後、出演者たちの満ち足りた表情(これはウォーター・ボーイズもそう)は、
やはり実際に演奏したからでしょうし、演奏できるようになる時間も考えると
きっと最後の最後に撮影したんでしょう。
観客の前でスポットライトを浴びて演奏する快感を一度覚えてしまうと、
これがなかなか抜け出せないんです。
かくいう私も、大学卒業後5年経過して、市民吹奏楽団に入っていますからね。
オーソドックスですが、観終わってだれしも楽器を始めたくなるような気分にさせてくれる映画です。
[PR]

by basscla1 | 2004-11-19 23:58 | 映画  

「殺人の追憶」を観た

 公開時、私の周りではヒジョ~に話題になっていたので気になっていた。
なるほどねぇ、これは面白いわ。ネタバレになるといけないので詳しくは書かないが、
事実を最初に知っていても十分楽しめる。多分、この時代の韓国の社会状況がわかるともっと深いところまで理解できるのだろうから、そこが悔しい。

「ペパーミントキャンディー」もあのころを下敷きにした、もの悲しさ一杯の話しだった。
なにかこの時代に抑圧されたモノがたくさんあるのではないかと思う。
いま話題になっている「韓流」とは路線が違うが、こっちのほうもぜひ観てもらいたいと思う。
[PR]

by basscla1 | 2004-11-10 01:02 | 映画  

コラテラル鑑賞

 トム・クルーズ主演、マイケル・マン監督ということで、どのようになっているのか気になっていた1本。
予告編やら雑誌やらを見ると、銀髪、無精ひげのトム・クルーズに、彼独特の「スターの輝き」が失せているように感じていたのだが、実際はそんなこと無かった。
銃の構え方から身のこなしまで、非常に流麗な感じで、目を奪われる。ストーリーのことについてはいろいろなところで書いているだろうから、ここはアクションに注目して観てもらうと楽しいと思う。
[PR]

by basscla1 | 2004-11-08 22:54 | 映画