<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

先週はイトコの結婚式

b0048998_082577.jpg


同い年で、小さい頃から仲が良かったイトコが結婚。
ここ2~3年ご無沙汰していて、最後に会ったのが偶然会った渋谷公会堂での「メトロポリス」試写会。
彼女とデート中だったみたいなので、遠慮してほんの立ち話程度しかしませんでしたが、なんとその時の彼女が結婚相手でした!!
「久しぶりですね」と言われてビックリしました。

 結婚式場は、先月出席した高校の同級生と同じく海辺でした。
30度を超すうだるような暑さでしたが、雲一つない見事な晴天と、気持ちよい浜風、
そして何より2人の幸せな笑顔でこっちの気分も晴れやかでした。

 実家から母親が、その他にも伯父や伯母が来ていたので、当然来るだろうと思ってましたが、
「次はあなたの番ね」 「自分の時のためによく見ておかなきゃ」 「いつ結婚?」などなど、矢継ぎ早に言われると、正直へこみます。

予定って言われてもな~、まずは相手から見つけないとな~(苦笑)。
[PR]

by basscla1 | 2005-06-29 00:08 | 一般  

実家で犬を飼い始めた

b0048998_23572235.jpg

妹が写真を送ってきました。どうやらチワワみたいです。
母親はまったく生き物触れなかったのに、この間たまたま預かってから動物好きに。変われば変わるもんですね。
私は、小さい頃動物の毛アレルギーだったので、犬とか猫に触るとくしゃみが出て、目が充血してました。今ではどうか分かりませんが、夏に帰省するのがちょっと不安、、、
[PR]

by basscla1 | 2005-06-28 23:57 | 一般  

バットマン・ビギンズ

製作発表されたときは全然関心無かったけど、監督があのクリストファー・ノーランで、バットマン役がクリスチャン・ベールと聞いてからは、興味が湧いた。
途中で公開された予告編やら映像やらを見ていても、なんともダークな雰囲気で、「これは観なければ!」という気持ちが募っていた、、、

 いやぁ~、これはホントにいい!!絶対に観て欲しい1本ですね~。シリーズで一番好きなティム・バートンの「リターンズ」以上の仕上がりでしょう。昨年の「スパイダーマン2」と比するくらいにドラマが良くできていて、見応えがありました。
主役のクリスチャン・ベールを始め、とにかくキャストがピタリとはまっている。「この役柄にこの人をあてたら、自然に物語ができていくよな~」と感心してしまいました。

特に執事役のマイケル・ケインの円熟味といったら!ちりばめられた彼のユーモアが、暗い雰囲気の映画だけに効くんですよね~。
その他にも、モーガン・フリーマン、ルドガー・ハウアー、ニーアム・ニーソンなど、脇を固める俳優がとにかく豪華。かといって、主役がかすんでしまうかと言えばそんなこともない。この絶妙なバランスを監督はホントに上手くとっている感じです。

このトーンで続けてくれるならば、ぜひぜひ続編作って欲しいですね~。


<ネタバレ>
この映画で感心してしまったシーン。
バットマンとしていろいろ道具を揃えているとこで「そんなこと言っても、基地作ったり、スーツ作ってたら、製作を依頼した相手に正体ばれちゃうじゃん」と感じてしまったけど、
そのすぐ後に「マスクのこのパーツは中国に1万個単位で発注して、出所が分からないようにしましょう」というマイケル・ケインのセリフが。思わず心の中で「さすが分かってらっしゃる!!」と嬉しくなっちゃいましたね。
こういう細かいシーンを大事にしているからこそ、アメコミといえどもリアリティ、説得力があるんですよね。
[PR]

by basscla1 | 2005-06-21 00:29 | 映画  

「Zガンダム」とかいろいろ

金曜日はカラオケに行って来た。久々に会う人もいて、会は大盛り上がり。なんだかんだで家に帰ったのは3時。さすがにもう朝までは無理だからなぁ。

最近劇場&DVDで観た映画。

■「Zガンダム~星を継ぐもの」
 すごい!お客さんの9割が男性、それも20代後半~30代(つまり私と同じくらい)。
てっきり新しく作り直しているのかと思ったら、ダイジェストとしてつながりを良くするために作った部分だけで、あとはTV版のまま。これにはちょっとガッカリ、、、
でも、モビルスーツ戦の迫力は劇場版ならではで、満足度高かった。それにしても、アムロとシャアが会うところで切っちゃったら、あとの2作は今回以上に駆け足になるなぁ。
次回作は10月、そして3部では、あのTVのラストが変えられてるとか。これは観なきゃ。

■「バタフライ・エフェクト」
 公開から結構経っているのに、渋谷のイメージフォーラムはほぼ満員だったのにはちょっと驚き。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のようなタイムパラドクスを題材にした映画で、これがけっこう味わいがあってよかった。
「ああ、あのときこうしていればなぁ」と誰しも一度は経験があるだけに、結構感情移入してしまった。
ラストの渋い終わり方もまた◎。

■「スカイ・キャプテン~ワールド・オブ・トゥモロー」
 なんともレトロな雰囲気のSF、いや「空想科学映画」というほうが当てはまるかな。
画面の感じだけでなく、ヒーローそのものの主人公像、ヒロインそのものヒロイン像など、
全てが懐かしい感じに作られてた。ストーリー展開もこうした映画の王道で安心して観られた。
出てくるロボットは宮崎駿の影響をもろに受けてたのが印象的。

■「テイキング・ライブス」
 A・ジョリー、イーサン・ホーク、キーファー・サザーランドと、ちょいとクセのある役者が揃っているだけに、どんなサスペンスなのかと楽しみにしてたけど、、、、
う~ん、あまりにありきたりすぎる展開で最初から先が割れちゃってるし、あんまり面白くない。
収穫は、A・ジョリーのヌード???
[PR]

by basscla1 | 2005-06-13 00:14 | 映画  

「Zガンダム」がすごいことになってるらしい

 先週末から公開している「Zガンダム」がとんでもないことになっているらしい。前売りチケットは飛ぶように売れているというのは聞いていたけど、レイトショーでしかやっていない劇場のほとんどがとてつもなく混んでいるのだとか。

「Z」は「ガンダム」シリーズの中で一番大好きだなぁ。本放送では見なかったけど、中学生のときの再放送で見事にハマッてしまい、毎回ビデオに録画してたました。でも、フォウ・ムラサメが死んでしまうところを見逃すという大失態を犯してしまったため、その時の展開がどうなったのか悶々と数年を過ごしましたね。
だから、何年前かにビデオ化されたときはすぐに借りに行ったし、10年以上待たされたから、そのエピソードを初めて観たときの感動といったらなかったですねぇ。

 数年前、ヤフオクででてた「海外版」の全話収録DVDを手に入れて入るんだけど、時間が亡くてとてもじゃないけど全部観られない。でも、所有していることがいいんだよね~。
ああ~、早観たい! そして、このネタで話せる人と語りたい!(いないだよね、Zファン、、、)


<映画ウェブサイト>
b0048998_137690.jpg

http://www.z-gundam.net/
[PR]

by basscla1 | 2005-06-01 01:37 | 映画