<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

お気に入りのデザイン

 1年前に買ったこの「Micropod」、最近モデルチェンジしました。

 丸く、かわいらしいフォルムと、宇宙船スプートニクの足に
似ていることから名づけられた「スプートニクスパイク」。

このデザインに惹かれて購入しましたが、有名なスピーカーメーカー
B&Wが携わっているだけに、これがなかなか音がいい。

b0048998_23371648.jpg


 さすがに低音は出ませんが、AVアンプで設定してウーハーに
振り分けているので、大音量が出せないマンションには十分ですね。


b0048998_23374197.jpg

 このシリーズのウーハーも、いいデザインなんですよね。
ぜひとも欲しいなぁ。
そして、このスピーカーに合って、かつAV機器を十分収納できる
TVボードを探してはや1年。なかなかいいのが見つからないんですよね。

特に、高さが16cmもあるAVアンプが納まるような開口部分を持つ
商品が無い。DVDも収納したいから引き出しも欲しいし、、、、

オススメ商品があったらぜひ教えてくださいね。
[PR]

by basscla1 | 2006-05-24 23:42 | 音楽  

連休中に買ったもの

 寝るときにipodをイヤホンで聞いていたのだが、
そのまま横向きに寝てしまい、耳の穴に激痛が、、、

という経験を踏まえて、ipodを装着するミニステレオを購入。
もちろん音はぜんぜん物足りませんが、
これについてるリモコンがなかなか便利。

通常、音量と曲の早送り、巻戻しくらいしかできませんが、
これはちゃんとメニュー画面も動かせる。

Appleストアには、ラジオ、目覚し機能がついたものも
あったのですが、ラジオは聞かないし、
目覚ましは携帯電話なので、結局こちらにしました。

なんだかんだで、Appleの戦略に乗せられてるんですよねぇ、、、

b0048998_033247.jpg

本体はこんな感じ。こじんまりとしてます。

b0048998_0335758.jpg

メニュー画面の操作もできるリモコン
[PR]

by basscla1 | 2006-05-11 00:38 | 一般  

さらに、最近読んだ本

 昨年の「このミステリがすごい!」などで上位に来ていた
「扉は閉ざされたまま」を読了。

ううむ、、、『ライトノベル』だけに、気軽に読めましたが、
そこまで高評価の理由がちょっとわからないかなぁ。

まぁ、確かに一般的なミステリだと、殺人が露見してから
物語が始まるわけですから、そこに至るまでで
小説を一本作ってしまったのは新しいですけどね。

 現実社会で起きる殺人事件のほうがおよそリアリティが
なくなってきてますが、それにしてもちょっとこの動機は、、、
通常のミステリと違った角度で楽しめる人にオススメです。
[PR]

by basscla1 | 2006-05-10 00:25 |  

連休中に読んだ本

 お気に入り作家、伊坂幸太郎の「死神の精度」を読了。
短編連作ということで、これまで触手が動かなかったけど、
これまたよくできてるんだよなぁ。

 特に「冬山の閉ざされた山荘」というシチュエーションの
話は、ミステリ好きならばニヤリとすること間違いなし!
東野圭吾の「名探偵の掟」を思わせる展開でした。

 そうかといえば、しんみりとさせる話もあり、
改めてこの人の懐の広さを感じさせられましたね。

あとは貸してもらった奥田英朗の『スイミング・プール』と
『空中ブランコ』が途中まで。
これも今度映画化されるんですよね。
[PR]

by basscla1 | 2006-05-09 00:27 |  

GWは湯布院へ

 今年のGWは、大分の湯布院に行ってから実家のある福岡に帰りました。
いやぁ、天気がよすぎて暑いくらいでしたねぇ。

温泉はもちろん堪能しましたが、今回の収穫は、
朝から行列ができる「B-speak」というケーキ屋さんの
ロールケーキが食べられたこと。

 これがホントに美味い!!
スポンジのふわふわ感、しつこくない甘さのクリーム、
こんなに美味しいロールケーキなら、並んで当然ですね。

実家用と自分用で購入したのが「ゆず胡椒マヨネーズ」。
これまたピリリとゆず胡椒が利いていてうまかったですね。

 JALが業績不振からGW中でもバースデー割引を適用してくれた
おかげで、片道12000円くらいで行くことができました。
これはずーっと続けてほしいなぁ。
b0048998_2383588.jpg

部屋からの景色 先に見えるのが由布岳です
[PR]

by basscla1 | 2006-05-07 23:09 | 一般  

「ダ・ヴィンチコード展」に行ってくる

 今月20日から公開される『ダ・ヴィンチ・コード」。
それに先駆けて六本木ヒルズで行われている「ダ・ヴィンチ・コード展」に行ってくる。

配給がソニー・ピクチャーズだけあって、全面的にソニーが協力。
液晶TVやらプロジェクターがいたるところで活躍してました。

 展示内容は、完全に本を読んだ人向け。
「ああ、あれか」と、活字ではわからないところを補ってくれますね。

 本を読み、展示会に行き、そして映画も観に行く。
まんまと戦略に乗せられてしまっている感じですが、
想像してたよりも楽しめたので、まあいいかなと思います。

 *ミュージアムショップで、グロテスクながら、すばらしい造形の
  クリーチャーを作り出す、ヒエロニムス・ボッシュの
  フィギュアが売られてました。う~ん、これは欲しい!!

 ココでチェックできます!
[PR]

by basscla1 | 2006-05-01 23:59 | 映画