<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

『幸せのレシピ』

 ドイツ映画「マーサの幸せレシピ」のリメイク作のようですが、
オリジナルは未見です。

強気でプロフェッショナルとしての役目を
果たそうとするケイト役のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、
母親を失った姪ゾーイに、『リトル・ミス・サンシャイン』の子役
アビゲイル・ブレスリン、そして陽気なシェフのニックは
アーロン・エッカード。

主役3人の掛け合いがすごくよかったですねぇ。
特に、ゾーイ役のアビゲイル・プレスリンはすごい。
表情の作り方からなにから、まさに天才子役ですね。

スコット・ヒックス監督も、手際よくそれぞれのキャラクターを
見せながらも、決して不自然にならない演出で、
とてもテンポが良かったです。

私は1人で見に行きましたが、デートムービーとしても
最適な1本ではないでしょうか。
[PR]

by basscla1 | 2007-09-30 22:20 | 映画  

『デート・ウィズ・ドリュー』

テレビ番組で獲得した賞金1100ドルを使って、
30日以内に、10歳からの大ファンである
ドリュー・バリモアとデートできるか?

以上、ストーリー説明終わり!

でもねぇ、これがいいのですよ。
なんといっても、主役のブライアンの底抜けの明るさがいい。
なんともいえない人の良さがにじみ出てるんですよね。
はっきり言ってバカバカしさ満点なんだけど、
その純粋さに引かれて応援しちゃいます。

ドリューに会えそうだというときの彼の表情は必見!
ちょっと感動してしまいましたよ。

最後はもちろんデートできるんだけど、
そのときの彼女の気さくさにまた感動。
あれは、かなり素名感じがしますねぇ。
元々好きな女優さんですが、さらに好感度がアップしました。

「子供の心で夢を追う」
「リスクを冒さない人生なんて」というのは簡単だけど、
その第一歩を踏み出すのはなかなか難しい。

ヘコんでいる時に見ると、元気が出る1本です。
[PR]

by basscla1 | 2007-09-30 11:21 | 映画  

ザ・シューター/極大射程

 スティーヴン・ハンターの原作小説は、
もう徹夜必至の面白さで、シリーズすべて読んでいるほどのファン。
映画も気にはなっていましたが、結局劇場にはいけずじまいでした。

改めてDVDで観ましたが、原作とは時代を含めて主人公の年齢など
だいぶ設定が変わっている。
まぁ、でもこういうのは映画の常ですからね。

あの長編を100分くらいにまとめるわけだから、
細かいとこをはしょられるのもしょうがないでしょう。

原作の雰囲気を残しながらも、主人公の年齢が若くなったことで、
アクションがだいぶ激しくなった印象ですね。

もうちょっと盛り上げてほしかったのが、法廷のシーン。
あそこは原作ではかなり気に入っていただけに、それがちょっと残念。

マット・デイモンの『ジェイソン・ボーン』シリーズのように、
「ボブ・リー・スワガー」もシリーズ化してほしいなぁ。
[PR]

by basscla1 | 2007-09-26 01:18 | 映画  

ラブソングができるまで

 「いいよ」と周りから薦められてからはや数ヶ月、、、
やっとDVD化されて、観ることができました。

なんたって、ロマンチック・コメディのキング、
ヒュー・グラントとクイーンであるドリュー・バリモアの競演ですからね。
「面白くないわけがない!」という確信を持って観ましたよ。

 もう、冒頭から大爆笑!
いやぁ、ここまで80’sを再現したPVをつくるとは!
あの服装と髪型、テクノなサウンド、チープなドラマ、
どれをとっても見事に80’s。素晴らしいですねぇ。

その後の展開はまさにロマ・コメの王道なのですが、
音楽の力と、なによりも主演2人の魅力によって
ベタながらも最後にジ~ンとさせてくれました。

ドリューちゃんの役どころ、いいですねぇ。
アドベンチャーランドでの励まし方など、あんなふうにされたら
男はイチコロです。もう「ぜったい離したくない」と思っちゃいますよ。

劇中の歌もメロディーがキレイで、思わず口ずさんでしまうものばかり。
絶対にサントラが欲しくなること間違いなし!

間違いなくオススメ!
[PR]

by basscla1 | 2007-09-17 23:50 | 映画  

六本木ヒルズ アクアリウムへ

好評により今月末まで会期が延長した、
六本木ヒルズ展望台で実施している「アクアリウム」。

デザイナーの「ル・コルビジェ展」と共に見てきた。
初めてここの展望台に、しかも夜に行ったけど、
まさかこんなに混んでいるとは思わなかった。

水槽を水草などで演出するアクアリウムは、
なかなか見応えがあった。特に最後の巨大金魚鉢なんかは、
ライトアップ効果もあって、とてもきれいだった。

スパークリングウォーター「ペリエ」がスポンサーとなった
バーがあったけど、行った時間が遅すぎて、
もはや何も作れない状態。
せっかくここまできて、お酒の一杯も飲めないなんて、、、


b0048998_1353244.jpg

水槽越しに見る夜景はキレイだった~
[PR]

by basscla1 | 2007-09-15 01:36 | 一般  

ブラス仲間と久々の会合

高校時代の吹奏楽部の同期が結婚&赤ちゃん誕生したので、
そのお祝いも兼ねてってことで、久々に集まりました。

1つ上の先輩2人と同期3人の5人で飲んだのですが、
これがとても楽しかった!!
もう久々に男子校モード前回で、下ネタもバシバシ出てくるし、
居酒屋のお姉ちゃんにちょっかい出してました。

また、ゼクシィでいう「先輩カップル」3人が、新婚さんに対して
夢をぶち壊すような発言も多々あり、とにかく笑いが絶えなかったですね。

今度、その友人宅に遊びに行こうということで、帰途に着きました。
こういう時間はたまに持ちたいですねぇ。
[PR]

by basscla1 | 2007-09-10 00:00 | 一般  

あるいは裏切りという名の犬

う~ん、この邦題を付けた人は何を狙ったんだろう?
なんか、「オシャレ」路線を狙って思いっきり失敗しているような、、、、

とはいえ、映画は見応えありましたねぇ。
「インファナル・アフェア」とはまた違う、
同じ組織にいるからこその対立が描かれていました。

仲間の裏切りにあったダニエル・オートイユの復讐ってのが
基本ラインなんですけど、結末のつけ方といい、
すごく余韻がありました。

こちらもハリウッドリメイクされるようですけど、
キャスト2人を誰にするかが命ですねぇ。
[PR]

by basscla1 | 2007-09-06 01:02 | 映画  

『オーシャンズ13』

映画クイズでゲットしたチケット。
お盆休みだったり、仕事だったり、熱海行ったりと、
スルーし続け3週間。

調べてみたら、なんと7日までの上映!
せっかくもらったのだからもったいないってことで
渋谷に見に行ってきました。

ちょっと疲れていたこともあって、
前半30分~40分はウトウトしながら鑑賞。
もともと、主要メンバーしか覚えていなかったので、
頭がはっきりしたときにはどうなっているのか理解するまで
ちょっと時間かかりました。

映画は、確かに「12」よりは面白かった。
やっぱり、アル・パチーノの存在感はすごいですね。
悪役が魅力的なので、最後の“だまし”が痛快でした。
幕切れの仕方も、クスッとさせる演出で好感が持てました。

鑑賞中にきになったのとなりの若い兄ちゃん。
携帯電話を取り出しては、しきりにチェックしている。
画面が明るいもんだから気になって仕方が無い。

そして、ついに「ちょっと前すみません」と言って携帯を持ったまま外へ。
まあ、そのままそこで会話を始めないだけましですが、
こういうことをされるとモチベーションが一気に下がる。
ぜひやめて欲しいもんですねぇ。
[PR]

by basscla1 | 2007-09-02 22:16 | 映画