<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

最近のイチオシ商品

一度使って、はや手放せなくなってしまったのが
PILOTの消えるボールペン、「FRIXION(フリクション)」。

これまで、ボールペンで書いたものを消すには、
修正液か、紙を削る砂ケシを使うしかなかった。

しかしこの「フリクション」なんとペンの後ろについている
ゴムでこするだけでインクが消えるのだ!

なんでも、摩擦熱でインクを消しているということで、
60度以上になると消えるという仕組み。

とにかく、これが便利。ちょっと間違ってもすぐに
消すことができるので、気軽に赤字を入れられる。
そして、ホワイトして待つ必要もない。

このストレスのなさは使ってみないと分からないし、
一度経験jしたら、もうほかのペンは使えないくらいだ。
価格は1本210円と、普通のボールペンの倍。
でも、そんなことはぜんぜん気にならない。

圧倒的な商品能力の差があれば、価格なんかは
まったく気にならないのだと改めて感じた。

b0048998_0221274.jpg

[PR]

by basscla1 | 2008-06-27 00:22  

最近読んでいる本

またまた新書を買いました。

1冊は、人から薦められた
サッカー日本代表 中村俊輔の『察知力』。
足も速くない、体も小さかった彼が、いかにして一流プレイヤーに
なったのか?「引き出し」を増やすことで活躍の場が増える、
というのは、ビジネスにもいえること。

スペシャリストであると同時に、ゼネラリストであることが求められる
という意味では、様々なビジネススキルを身につける
必要があると感じました。

もう一冊が、小阪裕司の『ビジネス脳を磨く』
経営に近いところではなく、とにかく現場の事例が豊富に載っている。
そこに関心があったので購入してみた。
読み進めるのはこれからだけど、成功事例の資料としても役立ちそうだ。
[PR]

by basscla1 | 2008-06-26 00:00  

インディを見ようと思って

日曜に渋谷へ。先に予約して時間つぶしてから見ようとおもったら、
『自由席は売り切れで~す』という声が。

なんと、渋谷の東宝って、予約制じゃないんだねぇ。
一応席数分のチケットしか売らないみたいだけど、
いい席に座るためには結局並ばなきゃいけない。

とてもいまどきの映画館とは思えない。
特に渋谷なんて。30分並ぶくらいならどこかで時間つぶしたい人なんて
たくさんいるだろうに。

一方、どこだったかシネコンでは
個室サービスをおこなうのだとか。

大画面テレビも普及して、ブルーレイも増えたら、
単純に見るだけなら、ますます家で見る人が増えるだろうに。

映画館もサービス業なんだから、
映画を見ている時間をいかに快適に過ごしてもらうかが勝負。
渋谷という立地に安穏としていられるのも今のうちのような気がするなあ。

ってことで「インディ~」は今週観られず、、、、
やっぱり有楽町まで行って日劇で観て来るかなぁ。
[PR]

by basscla1 | 2008-06-24 00:25 |  

データの力

「かなり売れてるみたいです」
「すごく評判いいですよ」
「ぜんぜんダメ」

など、あいまいな言葉が飛び交うことがビジネスの現場でも多い。

でも、「かなり」ってどれくらいなのか?
「すごく」って、具体的にどんなことなのか?
そもそも、評判がいいって、どこの誰が、どれくらいの人のことを言っているのか?

ここが明らかにならないと具体的に動くことはできない。
データ、数値のことばかり言っていると
「すぐ数値を持ち出す」など言われることがありますが、
やはり共通認識を持つには数値が必要。

でも、データにこだわりすぎても新しいことは出てこない。
データはあくまで過去のこと、未来が見えるわけではないからだ。
データを読み解きながら、今起きていること、
これから起きるであろうことを考えて仮説を立てる力が必要なのだ。

最近、この当たり前のことを改めて実感している。
あまりに考えすぎて、どの手を打て場よいのか、
スパッと決断するのが難しくなってきて、あれこれ考えすぎてしまう。

これからは思考のスピードを上げて、決定までの時間を短くしなければ、
ちょっと仕事が追いつかなくなりつつある。
そのためにも、勉強を重ねなければなぁ。

*今日は独白のようになってしまった、、、
[PR]

by basscla1 | 2008-06-20 01:31  

クライマーズ・ハイ

ニュースで完成疲労試写会の模様を見ました。

ギャガは、この作品を最後に配給および製作事業から
徹底するようですね。
報道されたところによると、『ライラの冒険』が大コケしたことが
一番の原因だとか。

まぁ、でも、映画の当たる当たらないはギャンブルみたいな
ものですからね。以前、まさに映画配給会社の人と話しましたけど、
中小の配給会社にとって、力を入れた作品がこけると、
会社が傾くくらいの損失になるのだとか。

まさにギャンブルとしか言いようがないですね。
だから、テレビドラマやマンガ、アニメといった企画に
走るのだろうと思います。

ギャガは親会社がUSENグループだから、
GyaOという無料動画へのコンテンツ提供という役割もあるはず。
こらからどうなっていくのか、しばらくウォッチしていきたいですね。

でも「セブン」や「マスク」といった作品を手掛けて、
業界の風雲児といわれた同社がいなくなるのは寂しいですね。
せめて最後くらいは当たって欲しいところです。
[PR]

by basscla1 | 2008-06-19 01:39 | 映画  

東北の地震と携帯電話のCM

土曜日の朝、ニュースを見て非常に驚いた。
そう、岩手・宮城の大地震だ。

両親の実家は仙台なので、大きな被害はないと分かったが、
母方の祖母の家が栗駒にあったので、
だれか親戚が被害にあったのではと心配だった。

小さかったころ、一度だけ栗駒に行ったことがあるが、
大きな家の裏には蔵があり、田んぼが広がっていたことを
よく覚えている。

母に電話したところ、なんともなかったようなので
安心したが、あの山崩れの映像は衝撃的だった。
被害にあわれた方のご無事をお祈りします。

いつも、こうしたことがあるたびに、
何かあったときの備えをしなければと思うのだけど、
結局何もしないことが多い。今度ばかりは備えをしなければ。

今回のことを受けて、ドコモとauはもともとおさえていたCM枠を、
災害対策の伝言板のものに差し替えた。

確かに常に身に着けている携帯電話は、こうしたときにこそ役立つ。
きっと、もともとこのCMを作っておき、何かあったときに
すぐに差し替えられるように準備していたのだろう。

一方、ソフトバンクモバイルは、こうしたCMに切り替わっていない。
お父さんが話題になり、「年間純増No.1」になっても、
こうしたことでしっかりした準備ができていなかったということは、
まだまだ社会インフラを担う企業であることの自覚が
2社に比べると足りなかったのではないか?

ソフトバンクのウェブサイトでは、地震発生地区で
電話がかかりにくくなっていることについての『緊急のお知らせ』が18:30に
なってやっとアップされている状態。
災害時のことについては、

『なお、被災地域の方々の安否状況等の確認手段として、
「災害用伝言板」を提供しております。Yahoo!ケータイやPC等にて、
全国のエリアからご確認いただけます。』

と記載されていた。Yahoo!ケータイを見ると、トップページに
災害伝言板が表示されていたので、なんとか今できることは
こなしたという印象だろうか。


そろそろ、勢いだけではない足場固めを行っておかないと、
会社としての信頼感というところで、一気に転落しかねないのではないか。
そんなことを3社のCMを見ていて感じた。
[PR]

by basscla1 | 2008-06-15 23:05  

三谷幸喜の露出が

すごいことになってますねぇ。
『ザ・マジックアワー』はフジが全面バックアップしているとはいえ、
他局にも相当出ていました。

だいたい話している内容は変わらないので、
ここまで出ていると、もはや「またか!」という感じ。

ただ、恐ろしくサービス精神のある人なので、
同じような話でも、面白くしてしまうところがスゴイ。
でも、すごくシャイなんだろうなぁ、ということは
端々の表情に見えている。

照れ隠しでわざとふざけてるのではないかなと思う。

三谷監督と和田誠の「それもまた別の話」、確か
家の中にあったはずだから、久々に引っ張り出そうかなあ。
[PR]

by basscla1 | 2008-06-12 00:53 | 映画  

インディ最新作

インディの第4作がついに21日公開。

第3作目の公開は1989年ですから、私が中学生のときですよ。

確か、友人と自転車で連れ立って、隣駅の映画館に行く途中、
なぜか友人が恐喝にあってしまい、結局劇場で見られなかったという、
ある意味とっても印象深い1本。

今回は、19年ぶりのリベンジを果たすべく、劇場で見なければ!
もし今回、恐喝されたら、オヤジ狩りか(笑)。
20年の年月の大きさをこんなことで実感するとは思わなかった。

面白い云々ではなく、絶対に見なければいけないこの夏のイベントムービーですね。
[PR]

by basscla1 | 2008-06-10 01:22 | 映画  

結婚式初回

6月、7月で3回ある結婚式の初回が終了。

青山にある明治記念館は初めていきましたが、
中庭の天然芝がとてもきれいでした。

会社でもすごくお世話になっていて、
実直でまじめな方なので、すごく嬉しかったです。

また、披露宴も非常によかったですね。
新婦の父のスピーチがユーモアあり感動ありで
とても印象的でした。


*「CSI:NY」が終わってから見るものがなくなった海外ドラマですが、
 最近、テレビで放送が始まった「HEROS」を見始めるようになりました。
 まだまだエピソードがつながらず、目的もはっきりしないですが、
 面白くなりそうな予感だけはあるんですよね。
[PR]

by basscla1 | 2008-06-08 22:31  

最近読んでいる本

最近、手軽に読める新書を複数購入。

数年前から、各出版社がこぞって新書を立ち上げている。
昔は、書店の奥のほうにあって、背表紙が黄色く変色しているような
イメージがあった新書。最近は、瞬間的な売り上げをつくる、
短期の売り上げを目指したものが多いような気がする。

■私塾のすすめ  ちくま新書 斎藤孝、梅田望夫

■コンサルタントの[質問力」 PHPビジネス文書 野口 吉昭

■ポスト消費社会のゆくえ 文春新書 辻井 喬、上野 千鶴子

3冊目の「ポスト~」が面白い。
元セゾングループの総帥、辻井 喬(堤清二)に、上野女史が
切り込んでいくのだが、その質問が非常に鋭い。
セゾングループの栄枯盛衰がこの1冊に詰まっている感じ。
[PR]

by basscla1 | 2008-06-06 00:40 |