<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

『ウォッチメン』を観た

アメコミの映画化とはいえ、予告編の重厚な雰囲気と
「監視者を監視するのはだれか?」というコピーに興味を持ったので、
170分という時間は気になりながらも観に行ってきた。

久しぶりに行ったのは、新宿のバルト9。
公開2日目ということもあり、お客さんはそこそこ。
でも、当然ながら異常に男子率が高かった。

内容は、かなり重々しい感じ。しかも、ニクソン大統領や
ベトナム戦争、ケネディ暗殺など、2次大戦後のアメリカ史になぞられて、
その影にヒーローたちがいたという設定になっている。

そうした現実の中に、あの冗談としか思えない
コスプレヒーローが大真面目に映っているものだから、
ものすごい違和感があった。

でも、その違和感というのを映画の中の世界でも、
普通の人は持っていて、そうしたヒーローに対して、
「あいつらはヘンだ」と感じてるところもある。
そいういう設定がちゃんとしているなぁ、と観ていて思った。

詳しくは書けないですが、ラストもとても印象的。
映画の語り部である「ロールシャッハ」が象徴するように、
見る人によって現実派いかようにでもとらえられるというメッセージは
確かにこういうジャンルの映画では珍しいかも。

などなど、いろいろあるのだが、やっぱり170分は長かった、、、
あとは、同じような雰囲気ののある『ダークナイト』に比べると、
ちょっとアクションの見せ場が少ない気がした。
日本では確実にヒットしないだろうなぁ。

<気になるポイント>
1人を除いた残りのヒーローは特殊能力はあるの?
それとも普通の人?
[PR]

by basscla1 | 2009-03-31 01:14 | 映画  

今日はこれに触れざるを得ない

さっき、再放送でやっていたWBCの決勝を見た。
韓国ともう5回目なんだから、正直もう飽きたと思ってたし、
すでに勝っているということを知っているにもかかわらず、
ものすごくドキドキした。

はっきり言って、攻めているのに攻めきれないというのは
一番流れとしてはいやなパターン。
これを生で観ていたら、9回裏の時点でもうダメかと思っただろうね。

それにしても、最後の最後で、これまで不振だった
イチローが決めるというのは、まさに映画のようなストーリー!
というか、映画だったら恥ずかしくてとてもじゃないけど書けないよ

そして、その後のシャンパンファイトの楽しそうなこと!
一流選手が、まるで高校生のようにはしゃいでいる姿は
とてもいいなぁと思いました。

最近プロ野球を観ていなかったので、知りませんでしたが、
横浜の内川と、西武の片岡というのはいい選手ですねぇ。

ピッチャーでは、岩隈がすばらしい安定感で本当にすごかった。
松坂本人が言っているように、彼がMVPでしょうね。

それと、中継ぎながら大会を通じて無安打だったソフトバンクの杉内も
ものすごい安定感。決して球が速いわけではないけど、
タイミングのはずし方がものすごく上手いなあと思いました。

苦言は、とにかく同じチームとあたりすぎること。
いくらなんでも5回はやりすぎでしょう。
次回はこうならないことを願いますね。
[PR]

by basscla1 | 2009-03-24 23:25  

BSとCSが映るようになった

え~、また久々の更新になってしまいました。

最近気付いたんですが、私の住んでいるところは、
アンテナつけなくても、BSデジタルとCSが見られるんですよ。

ということで、こないだ分波器を買ってきて、
BSデジタルライフに突入しました。

早速、WOWOWとスカパーe2の無料視聴を申し込んだところ、
これまた番組が豊富なこと!

CSIにスタートレック、最近お気に入りのBONESなど
海外ドラマもたくさんだし、映画もたくさん。
ハードディスクに録画しまくってます。

BS、CSで録画したのは
『ロッキー・ザ・ファイナル』、『アドレナリン』、『アメリカン・ギャングスター』
『幸せのちから』『ナイト・ミュージアム』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』など。

まだ何本か録画してるけど、まだまだ見切れていない、、、
観た中では『ロッキー~』と『幸せのちから』がよかったかなぁ。
あと気付いたのが、ハイビジョン放送の映像が恐ろしくキレイということ。
今までDVDでいいかと思ってたけど、ブルーレイが欲しくなってしまった。

無料期間は2週間。この間に録画できるだけしておかなければ。
[PR]

by basscla1 | 2009-03-17 01:02 | 映画