<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

新旧ファンを取り込める「STAR TREK」

アメリカでは大ヒットしながら、どうしても日本では
当てることができない映画というものがある。

コメディ映画、パロディ映画なんかもそうなのだが、
「STAR TREK」シリーズも、どうしても日本ではヒットしない。

本作も、アメリカでは大ヒットしたのだが、やはり日本では
散々な成績。観にいくのは本当のトレッキーだけ、というのがその理由だろうか。
しかし、観た人たちからはすこぶる評判がよかったので、
DVDになったらすぐに借りようと思っていた。

いやぁ、これが想像以上によかった!
いわゆるシリーズものの「ビギニング」としてはこれ以上ないエピソードだった。

話の展開は、SFの舞台を借りたオーソドックスな青春映画。
カーク船長、Mr.スポックという2人の出会いと友情の絆が生まれるまでを、
熱く、そしてテンポよく描いているので、まったく飽きることはなかった。

特に熱いのが、冒頭の艦隊戦シーン。思いっきり浪花節なのだが、
「艦長かくあるべし」という理想像を体現。
ここで、多くの男子のハートをわしづかみにすること間違いなしだ。

主人公2人のキャラクターも十分に立っているので、
シリーズの初心者であってもまったく気にならない。
過去の映画も「シリーズを見ていなくても大丈夫」と言われていたが、
今回は、そもそも「はじまり」の物語であるので、これ以上初心者向けの作品はないかも。

一方、シリーズのファンであればその楽しさはさらに増幅。
ドクターマッコイやスコッティ、ウフーラなど、シリーズレギュラーメンバーとの出会いや
おなじみのセリフに「ニヤリ」とすること間違いなし。

そして、なんといってもうれしかったのが、
船体に描かれた「ENTERPRISE」の文字が現れるシーンと、
大団円の後に流れるおなじみのテーマ曲が流れるラストシーン。
私はここで「ああ、まぎれもなくスタートレックだ」といった、
なんとも表現しにくいような気持ちになった。

特に、ラストはまさにこれからこのキャストでさらに冒険が続くという
作り手の意思が感じられて、「早く2作、3作目が見たい!」と思った。

やっぱりこういうSF冒険活劇を作らせたら、ハリウッドは強い。
次こそは、絶対劇場に足を運ばねば!
[PR]

by basscla1 | 2009-11-17 01:32 | 映画  

「ブライダル・ウォーズ」と「ラブ ダイアリーズ」

渋谷TSUTAYAで、なんとなく気分でラブコメ2本を借りてみた。

「ラブ ダイアリーズ」は、子役のアビゲイル・ブレスリンと、
レイチェル・ワイズが出ているというのが気になっていた。
まあ、それにしてもこの邦題のヒドさはなんなんだ。
「ラブアクチュアリー」のスタッフが、ていうことなんだろうけど、
もうそういうのは本当にやめた方がいい。

父親の昔の恋人の話から、娘が母親が誰なのかを当てる、
というのが基本なのだが、昔のエピソード以上に魅力的なのが、
現在のパートでの父親と娘のやりとり。
この子役は本当にうまいなあと思う。

特に、母親がだれかを当てて、ハッピーエンドの理由を
聞いた時の表情とか、すごくいい。
映画自体はよかっただけに、返す返すこの邦題が惜しいと思う。

もう1本「ブライダル・ウォーズ」は、アン・ハサウェイとケイト・ハドソン共演で、
特にアン・ハサウェイのカワイイ姿が見たくて借りた。
確かに笑える部分もあるんだけど、ちょっとシャレになっていないというか、
女性の結婚式に対するこだわりがすごいということを再認識させられた。

そして、これまたケイト・ハドソンがいい意味で憎たらしい顔(メイク)なのよ。
アン・ハサウェイとの対比がうまくできているんだけど、途中からその
役割が変わってくる所なんかは、やっぱりこういうラブコメを作らせると
ハリウッドは見せ方を工夫するなぁと感じた。

この2本、男性でも楽しめるけど、やっぱり女性が観るともっと楽しめそう。
[PR]

by basscla1 | 2009-11-10 00:22 | 映画  

水上高原のホテルで感じたこと

クラシックギターの村治佳織さんのファンである彼女が、水上高原のホテル宿泊&ミニライブのプランを見つけてきたので行ってきた。

角部屋は大きな窓が2面あり、そこからは白樺の林や紅葉した谷川岳が観られてとても快適。夕暮れ時の景色はとても美しかった。

ここのホテルは、ゴルフコースが併設されているので、どちらかというとそちらのお客が多いような印象。

その後、温泉に入ってからバイキング形式の夕食に行ったのだけど、ここで問題が。なんと、満席で入れないから、名前を告げてロビー周辺で待っていてくれというのだ。そもそも、ホテルで夕食が満席というのが信じられないのだが、待っている人を呼ぶのに、大声張り上げて「2名でお待ちの○○様〜」とかやってる。ここはファミレスか。そもそも、ホテルのロビーで名前なんて大声出して呼ぶもんじゃない。周囲に名前知られたくないところもあるんだし。

だから、呼ばれた人も当然返事をせずに食事場所に移動していく。それを察知せずに名前を大声で連呼。これはホテルとしてはどうかなぁ。

しかも、私たちの場合ロビーで30分も待たされた。30分もあるんだったら、一度部屋に戻ってくつろげるくらいの時間。それをロビーで待たせるのは論外。
たとえば、順番がきたら知らせてくれるポケベルみたいな物を導入して、スムーズに案内してはどうだろうか。トランシーバーみたいなものだったら、通信費はかからないし、そもそも使うのは混んでいる時期だけだろうだから、そんなに設備投資費はかからないはず。

それよりも、繁忙期に来る客の満足度を下げずに、また来たいと思わせることが重要だと思う。多くの人は待たされる時間を長く感じるものだし、こうしたホテルの場合、ロビーに従業員の大声が響くというのは美しくない。そのあたりの顧客マインドの理解が必要だと感じた。

また、夕食後のミニコンサート。夜なので景色は見なかったが、大きな窓にかこまれたイベントスペースで行われた。そして、ここの部屋の形が長方形なのだが、なんと、会場を横に使わずに、縦に使って前にステージが設置してある。クラシックギターは立奏ができないので、イスに腰掛けなければならい。そうすると、後ろの席からは演奏者がほぼ見えない。特に、最も見たいであろう手元は確実に見えない。
案の定、後ろにいた人の一部は、席を立って一番後ろから立ち見をしていた。

そもそもホールではないので、客席に傾斜がついていないのは当たり前なのだが、それを補う工夫をしなければいけないのが主催側。
特に、水上高原まで来るくらいの客なのだから、村治佳織さんのファンで、ここなら通常のコンサートよりも身近に見られるのではないかと期待するのが当たり前。であれば、なるべく多くの人の満足度を高めるためにも、どうすれば演奏者との距離を縮められるか、考えるべきだ。

村治さんのトークの中で「こうしたクラシック演奏を行うというのはホテルでも初めての試みと聞いています」とあったが、あまりに準備不足で、「客さえ来ればよい」という安易な企画のように見えてしまった。

しかし、演奏自体はとても魅力的で楽しめた。クラシックギター1本で、これだけ表情の違う音が出せるのかということに感心してしまった。6弦あるので、伴奏とメロディを一緒にというのは当たり前なのだが、時にはボディをたたいて打楽器のように使ったり、弦をつま弾くのではなくたたいて音を出したりと、1人で何役もこなしてしまう。

そして、村治さんの音は非常に繊細で、弱奏の時のちょっとしたところなんか、ものすごく神経が行き届いているなあと感じた。
それにしても、180人くらい対象のミニライブとはいえ、たった一人でステージに立って、バックバンドもなにもいない、本当にごまかしの利かない世界にいることのプレッシャーっていうのはどんな感じなのだろうか?
もしくは、ある意味その場を一人で支配していることでもあるので、そのことに悦びを感じる用になるのかもしれないと思ったりもした。

曲目も、バロックあり、ミュージカルあり、ポップスありとジャンルに富んでいながら、最後はやはり情熱的なギターオリジナル曲。演奏自体はとてもよかっただけに、主催するホテル側の未熟さが残念。

今後もこうした宿泊プランを立てるつもりならば、顧客がなぜこのプランに申し込むのか、何を期待しているのか、その人たちはどんな人たちなのか、という顧客インサイトをもっと理解しないと、1回だけで終わってしまいそうな気がする。
[PR]

by basscla1 | 2009-11-05 21:28 | 音楽