<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

『トイストーリー3』のすばらしい脚本に涙、、、

作る作品すべてが傑作レベルの面白さという、
脅威のヒット率を誇るピクサー。

中でも『トイストーリー』は、「2」の出来がすばらしく、
まさか「3」が作られるとは思っていなかった。

予告編が公開になって、物語の設定を知ると、
前作から10年という時間の経過がそのまま
ストーリーに生かされている。しかも、
ご主人であるアンディとの別れが描かれるという。
もうこれだけでウルウルしてしまっていた。

満を持して本編(2D)を観にいったけど、
これがものすごく楽しく、そして切ない映画だった。
きっと涙が出てしまうと思って3Dではなく2Dを選んだんだけど、
これが大正解。おもいきり泣かされてしまった、、、


<ネタバレあり>

最初の、自分たちの境遇を受け入れているおもちゃたちの
姿を見て、まずウルウル。
その後の、保育園を刑務所に見立てた大脱走劇は、
笑いあり、アクションありで楽しいシーンの連続!

それぞれのキャラクターが協力しながら危機を乗り越えていく
様子をテンポよく見せてくれる。

笑わせてもらったのが、バービー&ケンのやり取りと、
思いっきりホラーなベイビー人形&モンキーシャイン。

そして、バズ・ライトイヤーに隠された衝撃の設定!!
まさかエスパーニャ バズになるなんて。
もう、これには大爆笑。いや~、本当にアイデアが練りこんである。

脚本の完成度が恐ろしく高いのは毎回のことなんだけど、
今回のオープニングとエンディングのリンクには泣かされた。

冒頭、子どもの妄想が大爆発する西部劇で、楽しそうに
自分の物語におもちゃたちを登場させる子どものアンディ。

そして、新しいおもちゃの主人であるボニー対して、自分の思い出をこめて、
一体一体いとおしそうにおもちゃたちを紹介する、成長したアンディ。

いま思い出しながらブログを書いていても、思わず涙が出そうになる名シーン。
観る人の世代や立場によって感じ方がそれぞれ違う、層の厚いストーリー。
3部作の最後を飾るのにふさわしい作品だった。

作り手のこだわりが、絵作りにもストーリーにも、すみずみまでいきわたって
いる映画というのは、観ている人にも絶対に伝わる。

次は、3Dをぜひ観にいきたい。
[PR]

by basscla1 | 2010-07-11 14:18 | 映画  

映画館で『告白』を観た

映画館で最後に観たのは何だろう?
GWは、ずーっと風邪で寝ていたので、『アリス』『シャッターアイランド』も行けず。
ということは『シャーロック・ホームズ』が最後か?

とにかく、六本木ヒルズの最前列で首がつりそうになりながら
観てきましたよ、『告白』を。

これ、事前に原作を読んでいたので展開は知っていたけど、
それでも十分に楽しめた。
これは、中島監督の見せ方のうまさなんだろうなぁと思う。
「なるほど、ここはこんな映像と音楽を付けるのか~」というシーンがたくさん。

特に、予告編で気になっていたダンスのシーンは気になっていたので、
「たしかにあいつならやりそうだよな~」と思わせてくれた。

あとは『告白』というタイトルどおり、小説は基本的に主人公のモノローグ。
特に最初の守口先生のパートは思いっきり独白でもある。
そこをどう演出するのかということも気になっていたけど、
先生のセリフで生徒たちがどう反応するのかを細かく拾っていて、これまた見ていて違和感がない。

正直、この小説のストーリー自体は「それはあり?」と思うところもあったけど、
映画だとあんまりその辺も気にならない。

映画としては、原作小説よりもいろんな視点で楽しめる感じがした。
とはいえ、ホントに救いのない後味悪い作品。
これがヒットするのはちょっと不思議。

あと、ミズホ役の女の子、初めて見たけど、目に意思の強さがあってよかったなぁ。
他に映画出てたりするんだろうか?
これから伸びそうな感じがした。
[PR]

by basscla1 | 2010-07-05 23:44 | 未分類  

ワールドカップはやっぱり面白い

開幕してからというもの、日本の試合以外はさすがに
3時半の試合は見ていないけど、11時からの試合はなるべく見るようにしていた。
国を代表しての戦いは、やっぱりクラブサッカーとは
違う面白さがあると感じた。

それにしても、日本代表がこれだけ勝ち進むとは、
始まる前にいったい誰が予想できただろうか?

代表戦の観客動員数が最近落ち込んできているところだっただけに、
今回、ベスト16という「結果」を得たことは、今後につながる大きな収穫だったと思う。

でも、今回勝つために選んだ「堅守速攻」というスタイルは、
これから日本が標榜していく姿なんだろうかとも思う。

次のW杯予選、はっきり言って韓国以外のアジアの国と試合するとき、
日本はボールを保持できる立場にいることは間違いない。

でも、アジアを飛び出してW杯で戦うとなると、そうはいかない。
今回のように「堅守速攻」が、結果を出すためには求められる。

つまり、予選と本選で異なるサッカーのスタイルがもとめられる、
ということにはならないのだろうか?
特にサッカーを見続けているわけではないので分からないんだけど
この点が気になってしまった。

南米のパラグアイやウルグアイ、ヨーロッパで言えばスウェーデンやスイスなんかが
堅守速攻といわれているけど、これはブラジル、アルゼンチンや
イタリア、ドイツ、スペインといった、ランキング10位以内の国と
毎回予選を戦わなければいけないわけで、
そうしたスタイルを取らざるを得ないところもあると思う。

でも、日本の場合、アジアの中では韓国と並んで強国なわけで、
どちらかというと、対戦国が引いて守っている場合が多くなる。
それを崩すサッカーをしないと、予選は勝ちあがれない。

でも、勝ち上がっら今度は世界を相手に「結果」を得るために
堅守速攻にスタイルを改める。
なんだか、戦術がダブルスタンダードになってしまうんじゃないかと
思うのは、やっぱり素人なんだろうか???

日本らしいサッカースタイルをアジアでも世界でも示すってのは
やっぱり難しいのかな??ということを、
今大会の日本代表の戦いぶりを見ていて思った。

まぁ、こんなことを考えられるくらいになったというだけでも、
ものすごい進化であることは間違いないんだけど、、、

サッカーに詳しい人はどう考えているんだろうか?
[PR]

by basscla1 | 2010-07-02 01:08 | 一般